HOMEへ
ワールドメイトの資料 (ワールドメイトの実態)

サイト マップ   since 2009


以下は、オーストラリアのパース国際芸術祭に100万ドルの寄付をして、「世界の総裁」の称号を手に入れた、宗教団体コスモメイト他→ワールドメイト(WorldMate)の教祖深見青山→深見東州(Toshu Fukami )、またの名を戸渡阿見(ととあみ)、レオナルドTOSHUこと半田晴久(Haruhisa Handa))について、地元紙「The Australian」が報じたものである。


スポンサーからの音楽をどうぞ



 2003年1月31日付 新聞 ”The Australian”

ヴィクトリア・ ローリーが、パース芸術祭における百万ドル男の演奏の意味を考える。

 パース国際芸術祭は、このイベントに対する高額スポンサーに対して、異常だが心強いメ ッセージを送って来た。「金さえくれれば、殆どどんなイベントでも場所でも個人としてト ップの格付けが得られる」と。

 本年の芸術祭に100万ドルを寄付した(そして彼の金離れのよさに対して「世界の総裁」 の称号を手に入れた)日本の実業家で、たたきあげのスピリチュァル事業家である半田晴久氏は、今週、彼の音楽的芸術的才能を披露するために中央ステージに立った。

 アートデイレクターのシーン・ドーラン氏が、昨年の半田氏の突然の寄付を発表した時、 ドーラン氏は、公衆の面前で歌う事が趣味の、このアマチュアオペラ歌手実業家は、今回は歌わないだろうが、しかるべき場所で彼の「完成された才能」を披露するために招待される だろうと、発表した。

 先週の日曜日、Aクラスの芸術ファンたちは、アーノルド・シェーンベルクの大作交響曲 「グレの歌(Gurrelieder)」を聴くためにパース・コンサートホールに集まった。これはオーストラリアでも二度か三度目のことである。この歴史的なイベントには、200人の聖歌隊員、増強されたオーストラリア・青少年オーケストラ(4名のハープ奏者を 含む)、及び国際的な指揮者デイエゴ・マッソン氏が参加していた。ところが、聴衆が、このシェーンベルクの名曲の出だしを聴かないうちに、聴衆は広告にはなかった「サマータイム・スワン・リバー」という曲を聴かされたのである。この曲は、アマチュア音楽家である半田氏が作曲した楽しいが個性のない5分間の田園曲で、半田氏個人が、指揮台に立って指揮した。

 半田氏のPIAF50周年記念に対する熱心な音楽的贈り物に対して、礼儀正しい拍手はあったが、一人の外部からの音楽家は、まじめな古典的名曲と、このような取りに足らない作品とを同時に取り上げたことに対する無言の抗議をして、会場を立ち去った。パース芸術祭の前デイレクターであるデイヴイッド・ブレンキンソップ氏も聴衆の中にいたが、記者に対してこう語った。「これでは、すべての芸術界が駄目になる。「グレの歌」は素晴らしい名曲でお金を払う価値がある。しかし、半田氏の曲などを前触れもなく聴かされることは、押し付けである。」

 「これでは、いちごクリームを食べる前に酢を1パイントも飲まされたのと同じだった。 とても嫌な気分になり、酸っぱい味が口の中に残った・・・百万ドルは欲しいが、金では妥協できないものもあるんだ、と言いたいね」

 ブレンキンソップ氏によれば、彼がアートデイレクターをしていたとき、3年間にわたりマイアー協会から百万ドルの寄付を受け、芸術祭の名称を「パース・マイアー・芸術祭」に変えることを要請されたが、彼は断った。しかし、お金だけはしっかりと戴いたよ、と語った。

 この日本の作曲家兼指揮者登場の理由の理解に苦しむ聴衆に対して、コンサートプログラムの説明では、まぎらわしくも半田氏の「芸名」深見東州だけを出しており、深見氏が半田氏、すなわちPIAFの100万ドルスポンサーであることについては何らの言及もなかった。(同様にまぎらわしかったのは、プログラムの裏面のリストには、彼は、「PIAF世界総裁半田晴久」としか書かれていなかった)。

 プログラムの説明には、日本の慈善家半田氏の才能を、彼自身が次のように掲げている。「作曲家、編曲家、指揮者、声楽家、歌人、俳人、書道家、茶道師範、華道師範、能楽家、バレーダンサー、現代舞台俳優」。しかし、これで尽きるものではない。聴衆が列になって会場を出て行くとき、パース・コンサートホールのロビーに深見東州(別名半田晴久)氏の作品が展示されているから見るようにとの館内放送が流された。PIAFのビジュアルアー ト担当役員ヒーザー・ロビンソン氏による配布のパンフレットでは、深見氏すなわち半田氏は、一年前彼の絵の先生である安永麦州氏と出会い、「二人は過去6カ月間一緒に仕事をしている」とのことであった。弟子の半田氏の書が付けられた麦州の繊細な墨絵は別として、展示品は、きわめて不均一な品質、けばけばしい色彩及び不器用な絵画技術による絵であった。

 この美術品の展示は、ウエスタンオーストラリア・アートギャラリーのデイレクターであるアラン・ドッジ氏によって開かれていた。このギャラリーの展示会には、半田氏がギャラ リーに資金を出していた。ドッジ氏によると、半田氏の作品は、中国と日本美術の伝統である「遊び趣味」を表現しており、寄付者半田氏が「自分が刺激を受けるので芸術を援助してくれる」ことを褒めていた。

 半田氏のオーストラリア芸術に対する寄付は数百万ドルに達し、オーストラリア歌唱コンペテイション、オーストラリア・オペラスタディオ及びWA書道ギルドの援助を含んでいる 。 

ドッジ氏も日曜日の「グレの歌コンサート」に出席したが、彼はこの日本の実業家のコンサートでの役割に対する批判には不賛成である。

 ドッジ氏は言う。「完全に無難な音楽であり、しかも5分間だった。わたしは半田氏に、 一宵の芸術的興奮に参加する機会を与えて上げたのだ。完全に合法的なことだし、しかも、 勘定は彼が払うのだ。」

しかしながら、半田氏の才能だけが特に強調されたという事実は、約40にものぼる他のスポンサーグループの最高経営責任者や重役もなぜ彼らの素人芸を見せる機会が与えられなかったのだろうか、という若干の疑問を生じる。そして、高額寄付者に対しては、我々は芸術的評価を止めるのだろうか?コンサート出席者の一人は、このジレンマを次ぎのように要約した。「もし、半田氏がフットボールチームに100万ドル寄付していたら、彼は試合の最後の見せ場でプレイさせてもらえるのだろうか?」と。

 (原文)
 ↓↓  
And now, a tune from our sponsor

Victoria Laurie ponders the significance of a performance by the Perth Festival’s million-dollar man

 

The Perth International Arts Festival has an unusual and encouraging message for any big sponsor of its event; Give us enough money and you can have personal top billing in almost any event or venue.

 Haruhisa Handa, the Japanese businessman and spiritual self-help entrepreneur who donated $1 million to this year’s festival (and gained the title “world president” for his generosity), took centre stage this week to display his musical and artistic talents.

 When artistic director announced his sponsorship coup last year, he indicated that the amateur opera-singing entrepreneur with a penchant for singing in public would not sing, but be invited to display his “consummate talent” in an appropriate forum.

Last Sunday, an A-list festival crowd turned up to the Perth Concert Hall to hear  - for only the second or third time in Australia  - a Performance of  Arnold Schoenberg’s giant orchestral opus Gurrelieder. This historic event involved 200 choristers, an augmented Australian Youth Orchestra )including four harpists) and international conductor Diego Masson.  But before the audience could hear a note of Schoenberg’s masterpiece, they were treated to an unadvertised item – Summertime Swan River, a pleasant but bland five-minute pastorale composed by amateur musician Handa and conducted by him personally from  the podium.

 Despite polite applause for his enthusiastic musical tribute to PIAF’s 50th anniversary celebration, one interstate musician walked out of the hall in silent protest at the joint billing of such a slight work with a serious classical masterpiece. Former Perth Festival director David Blenkinsop, who was in the audience, told The Australian; “It compromises the whole arts industry. Gurrelieder is a fantastic piece and someone has to pay for it. But to have an unadvertised piece like that is such an intrusion.

 “It was like having to swallow a pint vinegar before the strawberries and cream. I was very uncomfortable about it and it left a sour taste in my mouth … We should be saying, ‘While I’d love to have $1 million , there are some things we just won’t compromise.”

 Blenkinsop says during his artistic directorship he accepted $1 million from the Myer Foundation over three years, and was asked to change the festival name to the Myer Festival of Perth. He declined, but still got the money.

 For bemused audience members trying to understand the reason for the Japanese composer-conductor’s appearance, the concert program notes confusingly billed Handa under his “artistic” name Toshu Fukami only, and made no reference to the fact that Fukami is Handa, PIAF’s million-dollar sponsor. (Equally confusingly, in a list at the back of the program, he is listed only as Haruhisa Handa, PIAF world president.)

But exposure to the Japanese philanthropist’s talents – which he lists in the program notes as “music composer and arranger, conductor, vocalist, composer of waka and haiku poetry, calligrapher, tea master, flower arrangement master, Noh actor, ballet dancer and modern stage actor “ – didn’t end there.  As concertgoers filed out of the hall, a public announcement reminded them to view an art exhibition of the works of Toshu Fukami (aka Handa) hanging in the foyers of the Perth Concert Hall. According to an accompanying brochure by PIAF’s visual arts access officer, Heather Robinson, Fukami/handa met up with his painting teacher Bakushu Yasunaga one year ago, “and they have been working together for the past six months”. Apart from delicate sumi-e paintings by Bakushu, overlaid with calligraphy by pupil Handa,the exhibition consists largely of Handa’s mixed media paintings of highly uneven quality, garish colour and heavy-handed paint technique.

The art exhibition was opened by Alan Dodge, director of the Art Gallery of Western Australia, whose annual Year 12 Perspectives show is funded by Handa. Dodge said Handa’s work “demonstrates the playfulness of the tradition of Chinese and Japanese art” and he commended the donor for “supporting the arts because it excites him.”

A long list of Handa’s Australian arts sponsorship amounting to millions of dollars, includes his support of the Australian Singing Cometition, the Australian Opera Studio and WA Calligraphy Guild.

 Dodge who also attended Sunday’s Gurrelieder concert, disagreed with criticism of the Japanese entrepreneur’s role in the concert.

 “It was a perfectly acceptable piece of music and it was five minutes. It gave [Handa] a chance to participate in the artistic frisson of the evening. I think that’s perfectly legitimate, and he’s footing the bill.”

But the prominence given to handa’s talents raises a few questions – why are the CEOs or senior executives in the roughly 40 other sponsor groups not given the opportunity to show their amateur artistic abilities.

 And do we suspend artistic judgement if someone is a generous donor? One concertgoer summed up the dilemma; “If he’d given $1 million to a football team, would they let him play in the grand final?”



戻る.