HOMEへ
ワールドメイトの資料 (ワールドメイトの実態)
サイト マップ 
since 2009

金縛りの原因



宗教団体ワールドメイト(WorldMate)の教祖深見青山深見東州(Toshu Fukami )、またの名を戸渡阿見(ととあみこと半田晴久(Haruhisa Handa) 著の「霊界常識」には、金縛りの起きる原因は、地縛霊が原因である、例えば、ご先祖が供養して欲しいと金縛りにすることで気付かせようとしているという。また、「心に残る面白い話では、

1.その土地や家に憑いている浮遊霊がついている。
2.生き霊のせいで他の人の強い念などが意識の中に入り込み一時的に束縛される。
3.ご先祖様の霊が子孫に知って欲しい、伝えたいということがある。

その他、蛇神が突然憑依した時にも、金縛りにあうと言っている。


しかし、第一線科学者で大学教授の安斎育郎氏の著書
「人はなぜ騙されるのか」によれば、

・ 睡眠のリズムが不安定

・ 眠りが浅く夜中に目覚めやすい

・ 起床後も睡眠に不満が残るなど、睡眠生活の乱れを感じている人が多く、学生に行った調査でもそのことが実証されたと書いている


東京都神経科学綜合研究所の故・宮下彰夫氏らの研究により、
金縛りは睡眠生活の乱れとストレスの重なりによって起こる現象であって、霊の崇りでもなんでもない

深刻な精神的ストレスがある場合には、恐ろしい幻覚を伴なう重い金縛りにかかる。闇に白い「幽霊」を見る幻視や、不気味な足音が聞える幻聴などに悩まされる例はめずらしくないという。

宮下氏たちは、実験で学生達を睡眠の乱れとストレス下において、
人工的に金縛りに陥らせることが出来たと言っている。

金縛りを避けるためには

・ 規則正しい睡眠生活をおくり、

・ 過重なストレスを蓄積しないこと、


・ 仰向けでなく横向きに寝て、体にやや緊張感をもたせた方が金縛りに陥りにくいという。



「こっくりさん」についても、深見東州こと半田晴久氏は、動物霊など邪霊のせいだと言っているが、

安斎育郎氏は、鬼神のせいでも、狐やタヌキのせいでもなく、主に、「答えはこうなるはずだ」とあらかじめ心の中に期している潜在意識や無意識下の筋肉運動に過ぎないと言っている。

「霊」とか「霊のたたり」といった話は仏教の教義から出ていると思い込んでいる人が多いが、仏教の本来の立場は「霊魂不説」である。つまり、仏教は「霊を説かない」と言っている。



以下、「リンク総合法律事務所」内に設置されていた、
旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」より


[19562]
パワーコール by.○○ 20040110() 1530

>
金縛りにかかった時に唱えるパワーコール(強運参照)が本当に効いた。


金縛りから逃れる呪文として、不動明王の「ノーマクサマンダバザラダンカン」や「ホンボラソモビルフルフル」が効いたと思ったのは、子供の時の「痛いの痛いのとんでけ」と同じおまじない的なもので、ワールドメイトの神様とは一切関係ないことでしょう。

先日も書いたように、安斎育郎氏の「人はなぜ騙されるのか」には、金縛りが起きる原因は、睡眠のリズムが不安定、眠りが浅く夜中に目ざめやすい、起床後も睡眠に不満が残るなど、睡眠生活の乱れが原因であると実証済みなそうですので、そちらの方を治される努力をされたらいかがでしょうか。

金縛りを地縛霊のせいにし、いじめを「家代々恨んでいる霊の崇り」のせいにし、「悪霊が軍団で襲ってくる」などと脅して、いくら「世界に愛をワールドメイト」と謳ったところで空しいだけです。

深見氏は神化呪のアップを禁止する一方で、不動明王呪は平気で自分の著書に載せ、利用していますね。

参考:[19487] 20040108() 2230




[25736]
金縛り by.○○ 20041016() 2303

>
自殺者が存在したというあるアパートのある部屋では、実際にその
>
部屋に移り住んできた人が自殺者の霊を目撃したり金縛りを体験したりしています。


以前にも書きましたが、金縛りは「精神的ストレス」と「睡眠生活の乱れ」から起きる現象であり、霊とは無関係であることは東京都神経科学総合研究所の故・宮下彰夫氏らの調査で立証済みです。

金縛りにあった人の部屋が偶然自殺者の部屋だったというだけの話でしょ。

「地獄」の連発をして会員を縛ろうとするのはやめてくださいね。

参考:[25731] 20041016() 2145




[25746] by○○20041017() 0645

「祖国のために命を捨て、今日の平和と豊かさの礎を築いてくれた方々」というのは、今という時間に存在しない。よって、存在しない「方々」に対し「人間」として想いと感謝の気持ちを表すことはできない。

宮下彰夫氏の金縛りの実験は、ストレス等で金縛り状態を作れることを証明したことは確かですが、それが唯一無二の金縛りの原因であると証明したわけではありません。人魂は、死骸から発生するメタンガスが燃焼したものだとの説も、これと同じです。

縄文人が死者を埋葬する習慣を持っていたことは、周知の事実です。宗教概念等なかったであろう彼らですが、神・霊の存在を否定していたとは思えません。

ttp://www.pref.hokkaido.jp/skikaku/sk-ssnji/joumon/life/spirit.html

参考:[25740] 20041017() 0029




[25753]
死者に対する想い by.○○ 20041017() 1053

>
縄文人が死者を埋葬する習慣を持っていたことは、周知の事実です。
>
宗教概念等なかったであろう彼らですが、神・霊の存在を否定していたとは思えません。


人の死を悼むのは人間の本能です。

神・霊の存在を否定する人は、死者に対する想いも感情もないということにはなりません。
縄文人は、人が何故死ぬかについて今以上に不可解だったはずです。死者に対する気持ち・思いやりが土偶等の形として表れたのだと思います。


>
宮下彰夫氏の金縛りの実験は、ストレス等で金縛り状態を作れることを証明したことは
>
確かですが、それが唯一無二の金縛りの原因であると証明したわけではありません。

深見氏の言ってるように、浮遊霊、生霊、ご先祖様の霊のせいで金縛りにあうと思っておられるのですか。

参考:[25746] 20041017() 0645




[25759]
金縛り by.○○20041017() 1514

>>
人の死を悼むのは人間の本能です。
>
ソースをお願いします。

もしかしてソースくれくれ君だったりして(w


>
わざわざ「深見氏の言ってるように」という言い方は、反論しにくくしてやろうという意地悪さを感じました。

ここではワールドメイトの問題点を論じているからです。他の宗教を勉強する時間も意味も感じていませんし。
氏の「心に残る面白い話」の中でも、「なぜ金縛りにあうのか」という表題で、三つの原因があると言ってます。

1)浮遊霊がついて身体を動けなくする。
1)生霊ー恨みの念、怨念。
1)先祖の霊。子孫に知ってほしいこと伝えたいことを金縛りで知らせる。

そして、「金縛りよこんにちは」「悪霊の呪い」「花の悪霊団」をしっかり宣伝しています。

こんな著書が一体なんの役に立つのでしょうか。気にかけるなという一方で脅しをかけて、救霊をしたくなるように仕向ける。

将来の子供たちになんの益にもならない本は、この世から消え去ってほしいものです。




[25775]
なぜくだらないのか? by.○○20041018() 0042

あなたの考えた作り話を基に論じても仕方ないでしょう。違うならそれなりのモノを揃えて下さい。

>
その人が嘘をつくことはどう考えてもありえませんし、

意図的にしろ、そうでないにしろ嘘をつくことはいくらでもありえますよ。現にあなたが・・・。


>
仮に嘘だとしても病院でも自殺地帯でも霊の目撃談は山ほど存在するのですから、
>
疑うほうがおかしいよ。

霊というものを見た事無い人が否定するのはごく自然な事だと思います。
あなたのようなかたは、真実かもわからない情報に踊らされて簡単に騙されるんですよ。

金縛りについてですが、寝ている時以外に金縛りと同じ状態を体験したという話を聞いた事ありますか?
これが全てを物語っていると思います。

神霊研究家氏は金縛り状態になった事ありますか?
僕はなった事あるので全てがわかりました。




[28486]
健康人でも幻覚体験 by.○○ 20050824() 2246

一晩にレム睡眠とノン・レム睡眠(深い眠り)を交互に繰り返しながら朝を迎えるそうですが、時に何らかの原因で睡眠のリズムが乱れた時、金縛りが起きるそうです。

また、人は正常な意識を保つために、常に外界から刺激を受け続ける必要があり、その感覚刺激が遮断されたり、制限されると、その正常な意識を支えるために、現実に存在しない感覚を自ら生み出す必要が出てくるそうです。

幻覚は、健康な人でも条件さえ整えば簡単に体験でき、感覚刺激が失われるような夜間で、しかも静かな暗い部屋で、おまけに一人で寝ている時には起きやすいようです。

人の心を科学的に解明すれば、心霊現象など恐れることはありません。
教祖の、神様がおっしゃった発言は、睡眠の乱れによるものか、それとも創作なのか。

いずれにせよ、そんな他人の言葉に左右されて、自分の人生を棒に振らないことだと思います。




[31401]
神はどこかに「降りる」ものではないと思う by.○○ 20060113() 2026

昨年末、偶然この掲示板の存在を知り、すぐに退会を決めたものです。退会事体は、すんなりとできました。
気分的にはスッキリしているのですが、ところが、先日就寝中に金縛りになってしまったのです。そういう時に、自分の弱さが露呈しますね。

以前なら、強運に書かれていた呪文を唱えて、体を動かして逃れていました。
ところが、WMなんてウソばっかりと思っている今、呪文なんか唱えたって効果なしと思っているのですから、為す術もなく途方に暮れてしまいました。そして、「WMは本当は正しかったのかも。辞めたことへの逆証? それともF氏の呪い?」などとマイナス思考に入ってしまいます。おかしなものです。

金縛りなんて、単に疲れていただけかもしれないですし、万が一霊の仕業だったとしても、これまで通り体を動かせば回避できたでしょう。冷静になった今ならそう思えますが、金縛りの時は恐怖でいっぱいになってしまって、何かにすがりたい気持ちでいっぱいでした。

それが私の弱さです。結局、神とか、証に依存していただけです。
WMに在籍していることで神仕組の一員なのだから、何かあったら守ってもらえる、助けてもらえる、と精神的に安心したかったに過ぎません。

ちょっとしたことを「証」と結びつけることで、誠が通じた、守られていると自分をだましていたのだと思います。
そんな自分を客観的に振り返って思うことは、なんて弱い人間だったんだ、ということです。
そのことに気がつけたことが、唯一、WMに在籍・退会という経験で得た収穫です。

今、神について思うことは、存在するかどうかなんて、どうでもいいと思っています。いると思う人にはいるし、いないと思う人にはいないんじゃないでしょうか。

少なくとも、どこかに「降りた」りするようなものじゃないと思います。




[31408]
金縛り by.○○ 20060113() 2229

>
先日就寝中に金縛りになってしまったのです


東京都神経科学綜合研究所の故・宮下彰夫さんらの研究によれば、金縛りは睡眠生活の乱れとストレスの重なりによって起こる現象であって、霊の崇りでもなんでもない。

深刻な精神的ストレスがある場合には、恐ろしい幻覚を伴なう重い金縛りにかかる。闇に白い「幽霊」を見る幻視や、不気味な足音が聞える幻聴などに悩まされる例はめずらしくない。

宮下氏たちは、学生達を睡眠の乱れとストレス下において、人工的に金縛りに陥らせる実験に成功した。

規則正しい睡眠生活を送り、過重なストレスを蓄積しないことと、仰向けでなく横向きに寝て、体にやや緊張感をもたせた方が金縛りに陥りにくい。 -「科学と非科学の間」安斎育郎

参考:[31401] 20060113() 2026




[31410]
金縛りと夢 by○○ 20060113() 2255

金縛りなど、「誰にでも」よくあることです。「呪文」など唱えなくても、そのままにしておけば、翌朝になるとすっかり治っています。筋肉の痙攣の原因も、医学的に解明されており、筋弛緩剤で治ります。呪文を唱えれば治るというのは、100%の嘘です。

夢も不思議ですね。大昔のことや全く関係ない情景や人物が現れます。科学の発達しない時代には、「夢占い」なども行われました。

最近の研究によれば、夢とは、睡眠中における脳細胞の乱れです。種々の記憶を蓄えた無数の脳細胞が乱れまくれば、脈絡の無い情景が現れるのも当然ですね。完全に納得出来ます。

同様に、人間が考える神や霊も、どこまで考えても脳細胞の働きに過ぎず、脳の外には一歩も出ることは出来ませんので、安心してください。




[31436]
退会者直後の私には助けになりました by.○○2006 0114() 2251

妄言仙人さん、無心さん、楯さん、ありがとうございます。
金縛りについては諸説あるのだろうと思いますが、私個人としましては、

「医学的に証明されている、睡眠生活の乱れやストレスの重なりによって 引き起こされる筋肉の症状」

という知識は、非常にありがたいです。恐怖を和らげる鎮痛剤であり、お守りになります。

「事実」がどうであるかというのも重要ですが、退会直後の私にとっては、WMで植えつけられた知識を真っ向から打ち消す知識や考え方の存在そのものが助けになります。ありがとうございました。




[31440]
会員Aさんへ by.○○ 20060114() 2309

>
金縛りについては諸説あるのだろうと思いますが、私個人としましては、
>
「医学的に証明されている、睡眠生活の乱れやストレスの重なりによって
>
 引き起こされる筋肉の症状」>という知識は、非常にありがたいです。


私の経験で言うと、身体が疲れている時で、眠りが浅い状態の時に金縛りに遇うようです。何もホンボラ・・・でなくても、南無阿弥陀でも南無妙・・・でも解けますよ。これは霊的なものでは、ありません。声をだすことによる筋肉の弛緩の問題です。

あたたかな砂糖入り牛乳でも飲めば、ぐっすり眠れますよ。

参考:[31436] 20060114() 2251




[31540]
別に楯さんシンパじゃないけれど、 by○○ 20060117() 1358

退会直後に、金縛りにあって恐怖を感じ、一瞬でも退会したことを後悔した私個人としては、ここでの楯さんのスタンスに深く感謝してます。

「金縛りなど、だれにでもあること。霊の仕業であるわけない」こういい切ってくれるほうが、退会直後の身には親切だと実感しました。

あの時、霊や神様の話は正直聞きたくなかったですね。
「気と丹田が抜かれる」といったオカルト話には嫌悪感がありますし、イジワルだ、悪意があるとさえ感じました。(今なら気にせず読み飛ばせるでしょうが)

それにしても不思議なのは、なぜ楯さんの発言にそんなに感情的に反応しちゃうんです?「ヒステリックにつぶす」という表現がありましたが、私には楯さんに反論している方々のほうが、よっぽどヒステリックに楯さんをつぶそうとしているように見えますが?

人格攻撃するほど感情的になるのはなぜなんでしょう・・・。不思議。




[32500]
霊はあるか by.○○    20060228() 2317

『霊は「霊感の強い人には見えるが、霊感のない人や霊感の弱い人には見えない」なんていうことを主張する人もいる。そこに幽体があるにもかかわらず、見える人と見えない人がいる。変な話だ。

「霊感の強い人」が「「霊が見える」と言ったなら、より優れた視力を持っている人にも当然見えなければならないことになる。・・本当は見えるはずのないものが霊感の強い人だけ「見えた」と感じられる現象、つまり「幻覚」ということになる。

「幻覚」とは「対象のない知覚」を意味する心理学用語で、「実際に物がないのにそのものが見え、音がないのにそれが聞こえるというような現象」である。英語では「ハルシネーション」と呼ばれ、幻聴、幻視、幻味、幻色、幻嗅などがある。

いずれにしても、客観的には実在しないものを「実在する」 と感じる「知覚障害」である。「霊が見える」とか「霊が祟る」とか言うのは、信じた人々の側に原因があると考えるべきなのだ。 ー 安斎育郎』


教祖が嘘をついているのか、それとも幻覚なのか確認のしようがありませんが、少なくとも教祖の話を有難がって信じて、祈り、お金を払う価値はないと思いませんか。



戻る.