HOMEへ
ワールドメイトの資料 (ワールドメイトの実態)
サイト マップ   since 2009


精神に異常をきたす会員


2008年7月、「うつ病、精神病等の方のご家族の皆様へ(神業保証人としての同意ならび にご誓約について)」という手紙を宗教団体ワールドメイト(WorldMate)(旧名称コスモメイトほか)の教祖 深見東州(Toshu Fukami)(旧名深見青山(Seizan Fukami)、またの名を戸渡阿見(ととあみ)、レオナルドTOSHUこと半田晴久(Haruhisa Handa)が全会員宛に出している。

その理由は、うつ病や精神病、ノイローゼの方、または、精神病の薬を服用してる人 が、自殺や自殺未遂、行方不明や突然の昏倒、また、万引きや窃盗を行い、傷害事件 や交通事故、ストーカー行為など、刑事事件や犯罪を起こすケースが、しばしば 起きたからだと述べている。

会員の中になぜ、うつ病(躁・欝)、精神病の方が多いのか。

ワールドメイトでは、それらしき会員のことを「スター会員」と呼んでいることからも、生半可な数でないことが窺える。

ワールドメイト側の説明によると、うつ病や精神病などの原因は、

1) 霊障によるもの。

2) 脳下垂体や脳の一部に、常在菌やウィルスが入って、精神病を引き起こすケー スなど、物理的・医学的な理由で精神病になっている場合。

3) 生活環境や職場環境の、トラウマやストレスによるもの。

 例えば、子供の頃からいじめを受けていたり、職場で強烈な罵倒を浴びるなど の、ショックにより、心の傷を負ったケースなど。

4) 本人の思いこみや妄想に起因するもの。
5) その他  としている。

2008年7月4日の「深見先生からの重要なメッセージ」の中で、ワールドメイトの教祖深見東州こと半田晴久氏は、「少なくとも、ワールドメイトの会員は、余程のことがない限り、精神科 に行くべきではありません。なぜなら、いったん薬に依存すると、一生が台無しにな るからです。

一生薬を飲み続けなくてはならない。それは、麻薬と全く同じで、正常 な人間ではなくなるからです。良心的でない、医者や薬品メーカーに騙されて、言い なりになったらだめです。」と言っている。

また、深見東州著、「大除霊」には、「あいつがお前を殺そうとしている」と聞えたりす ることを精神医学者は精神分裂症の典型というが、その声は「悪霊の囁き」以外の何 物でもなく、悪霊が取り憑き、嬉々として悪霊ビジネスを展開している」と書いている。その「悪霊ビジネス」こそ、団体のビジネスそのものではないのか。

尚、2007年頃に「うつ病救済霊璽」が出されたが、その効能として以下のような宣伝をしている。

「 この霊璽を書くと九頭龍大神の20番目の頭となった、「華陀(かだ)」の神霊がお出ましになります。そして、うつ病状が改善するよう、具体的な解決策を与えて下さるのです。華陀によると、うつ病状のほとんどは、ウイルスや細菌が原因で、ホルモンのバランスが崩れることから起きるそうです。ですから、九頭龍大神様がまず、ウイルスや細菌をブチ殺し、ホルモンのバランスを調えて下さるのです。

 また、うつ病は、やる気のない、無気力な先祖霊や生霊の心が写ってる場合もあります。その場合には、九頭龍大神様が、先祖霊や生霊の所に行き、先祖霊や生霊の心を、明るく前向きなものに正して下さるのです。・・・

 ウイルスや細菌をブチ殺す、免疫力が驚異的に上がり、ホルモンのバランスを調え、さらに、先祖霊や生霊に「喝」が入りますから、明るい未来への希望や、やる気がどんどん湧いてくることでしょう。」



以下、「リンク総合法律事務所(代表弁護士紀藤正樹)内に設置されていた、旧「ワールドメイト議論掲示板」の書き込みより。


[11028]囚われるような話をしなければいい by.○○ 2003年05月06日(火) 22時12分 ■

>過去の書籍が間違いという訳ではありません。知って、なお囚
>われなければいいのです。ただメイトの会員のほとんどの人が
>骨の髄まで囚われまくりですので開運しないだけです。


深見氏の著書を読もうとする段階で既に囚われの身の人が多い訳で、囚われなければいいと言われてもそれは難しいのではないでしょうか。

例えば、「神界からの神通力」の中では、

「ノイローゼ患者などが耳元で声が聞こえる、誰々を殺せという声が聞こえたなどと言って、殴ったり、蹴ったりということがあるが、これも殆どキツネがやらせている」

「誰かが私を殺そうとしている。誰かが私を監視し、電波を送っているなどと、第三者には全く理解できないようなことを口走ったりする人を時々見かけるが、これも水蛇の怒りによる場合がある。」

「天眼通力で見ると、大きなへびが一匹、その女性の腰に巻きつき、カマクビを持ち上げてこちらを睨んでいた。、へびは一人の女性の霊の化身であった。・・今から一年後に子宮癌を発病させ、半年間じっくり苦しめてから殺すつもりだと既に殺人スケジュールまで組んでいるという・・」

「某法蓮華教関係の霊能者にお祓いしてもらったためその”南無妙法蓮華経”のお経が短刀となって、突き刺さっていた。」

まともな精神を持っていればこんなでたらめと一笑にふすのでしょうが、心理的に弱ってる読者にはそれが通用しない時があります。

巧妙に読者を「救霊」に引き込もうとしている深見氏の著書は害あって益はありません。根拠のない有害な図書は廃刊にするべきです。




[8165]精神病は伝染する by.○○ 2003年03月20日(木) 02時12分 ■

今月号の精神医学の雑誌を読んでいたら、現場からの報告では 境界形人格障害の患者が入院してくると他の患者が忽ち影響されて狂ってくるし、看護師も操作されると言うことです。

麻原は明らかに精神異常。信者はそれが感染しただけで、「宗教性」など何もありません。




[16721]レスが遅れて申し訳ありません >k子様 by.○○ 2003年10月08日(水) 18時51分 ■

こんにちは
○○と申します。10年ほど前にこの団体の信者でした。

>ある占いのお店に行ったとき、深見なる方の本を占い料より本代が高いくらいもらいました。

勧誘して信者にするのが目的なので、手相で儲からなくても全く構わないのです。良くできた仕組みです。
「通信料で儲けるので、携帯本体はタダ同然で売る」のと同じです。


>神社の参り方等書いてあり、楽しく読ませてもらいました。求霊(救霊)をうけてはどうかと言われたとき、
>「私は精神病にかかったことがあります。」というと、精神病にかかった人は、親の承諾か、
>精神科医の診断が必要と言われ、うけませんでした。

精神を病んだ人を救うノウハウはこの団体にはありません。逆に、イベントの時に奇声を発したりする人を「スター」などと揶揄し馬鹿にするような団体です。

僕の属していた支部にも、入会後に精神を病んでしまった人がいましたが、この人を救うことはできませんでした。

「業がすごく深いんだ、あの人は」「メイトで活動して悪いものが吹き出てきたんだね」などと悪者扱いしたくらいです。
自分たちに救う能力がないことを恥じることもなく、かと言って「可哀想だね」と同情・哀れみを寄せることもなく。


>求霊がうけられる体でなくて良かったのかもしれないなと今は思います。

その通り、運が良かったと思いますね。

参考:[16664] 2003年10月07日(火) 20時43分




[17816]へいみんさんへ by.○○ 2003年10月21日(火) 15時38分 ■

へいみんさんへ

>私はWMを脱会してから、ずーっと、”WMからの回し者につけられているかもしれない”などの強い妄想に悩まされています。

ご自分で「妄想」ということを半ば自覚されているのであれば、さほど対処は難しくないと思います。
基本的にはメンタルヘルスの専門家の判断を仰げばよろしいのですから。


>まぎれもなく今になっても、こういう妄想とはさよならを果たすことが出来ずにいます。
>このよぎりが真実であるか、たんなる妄想であり事実とは異なるものであるかを確かめるすべはなさそうだからです。

例えば、その「妄想だか事実だか分からない現象」をWMに相談したとしても解決することはないと思います。

以前にもここに書き込みがありましたが、「精神的に病んだことがあるという理由でキュウレイを断られた」
というように、メンタルな面をフォローするノウハウはWMにはありません。

各種秘法会・セミナーで騒ぎ出してしまった人を「スター」と呼んで馬鹿にするのもそこから来ているのでしょう。

「ミタマ磨き」とか言っておきながら、メンタルな問題・スピリチュアルな問題からは一線を画しているのがWMなのです。

繰り返しになりますが、へいみん様がその「妄想だか事実だか分からない現象」で悩んでいるのであれば、メンタルヘルスの専門家の門を叩くことをオススメします。

参考:[17808] 2003年10月21日(火) 13時03分




[17917]精神分裂症 by.○○2003年10月23日(木) 21時56分 ■

「あいつがお前を殺そうとしている」と聞えたりすることを精神医学者は精神分裂症の典型というが、深見氏達霊能者から見るとその声は「悪霊の囁き」以外の何物でもなく、悪霊が取り憑き、嬉々として悪霊ビジネスを展開しているのだそうです。

このような悪霊の囁き、悪因縁や、先祖の崇り、霊障等おどろおどろしい言葉を会員達、特に救霊師、九頭龍師や薬寿師に叩き込むため永久に人格を変容させられ、まともな思考が出来なくなるのではないですか。

救霊師が吐いたり苦しんだりするのはそのためでしょう。この方達に対し、深見氏はどのような責任をとってくれるのですか。まともな人間に戻す責任があります。




[18057]一神教の起源 by.○○ 2003年10月30日(木) 15時54分 ■

ユダヤ教、キリスト教及びイスラム教の共通の「神」であり、人間や自然とは隔絶した一神教の「神概念」が何故発生したかについて、かねてから大きな疑問を抱いていましたが、最近出版されたフロイトの「モーセと一神教」(ちくま学芸文庫)(定価1200円)を読み、疑問が氷解しました。勿論、フロイトの精神分析学説自体には批判もあり、さらに検証を要しますが、その冷静な分析と知的説得力は見事なものだと思います。

ユダヤ民族の神だと言われていたのが、実はエジプトの一ファラオであったイクナートンが作り上げ、結局はエジプトを追われた一神教の熱心な信者であったエジプト人モーセが提唱した神だったと言っています。

フロイトによれば、このユダヤ教の神概念の発生原因は、心的外傷の遅発的後遺症であり、「不合理故に我信じる」という奇妙に目立つ特質は、精神病者における妄想をモデルにしてのみ理解されうるであろう、と言っています。又、偶像崇拝の禁止による人間の感覚的知覚の蔑視により、その「神概念」の拡大・伝播を図った趣旨のことも述べています。

「神」の実在を信じられている方々には、是非この本の一読と感想をお願いします




[18390]宗教学と宗教学者 by○○ 2003年11月14日(金) 11時47分 ■

一般に、宗教学者は、既存の「宗教」概念の肯定に基づき、宗教行為・宗教活動を表面的に記述するに止まり、その心理学的本質、観念過多性、非現実性、反社会性、排他性、非人間性、営利性、反道徳性、などの問題点についての分析や批判に乏しいようです。

宗教という自らの職域を失うことになるからでしょう。オウムや9.11によって、従来の宗教学は崩壊したと見るべきです。

山口広弁護士は、「カルト対策に当たっては、宗教学の本など何の役にも立たない」と言っています




[18810]心を病んだ人を救えない宗教 by.○○ 2003年12月02日(火) 18時56分 ■

>キルさんの言うとおり、前々から精神科・神経科の通院歴のある方はお断りしてましたが、「現在、通院・投薬していな>ければ・・・」位で受付はしてました。実際3年前から、極端に神経質な位お断りするようになりましたね。
>理由は自殺や、さらに悪化したり、お取次ぎ側や支部の人が危険に曝されたりと立て続けにトラブルが起った事が
>原因です。

「ハゲが治る」「身長が伸びる」「癌が治る」といった類の秘法群に効果がなかったとしても別にどうってことはないでしょうが(そんなことはない?)、「心を病んだ人たち」を救うことができないというのは致命的なことだと思います。

心だの魂だのというものを扱っているはずの宗教団体が「救霊・秘法では魂を救うことなどできない」ということをばらしてしまったようなものですからね。

僕のいた頃から精神を病んだ人には冷たい団体でしたが、ハッキリとお断りするようになったんですね。
ある意味では賢いことかもしれません。初めからできないものはできないのです。


>精神病についてこう語ってましたよね。御魂が大きく凹むなり、傷が付いたところに悪いものが食いついて1つになって>しまってるから、おかしくなってる。

それを何とかするのが救霊なんでしょうに(嘆息
心を病んだ人は「何となく良くなった気分」にはならないから、キュウレイのからくりがばれてしまうのを恐れている.....
僕にはそんな風にさえ思えるのですが、現役会員の方はいかがお考えでしょう?


>その死にさにはが入って、メッセージをもらったと言っていた。やはり身代わり・・・。しかし、
>その徳で上に上がって幸せなんだと。(以下略)本人が喜んでるから 何もいえなかったし、
>少しは悲しみを紛らす事ができるなら良いかな?

自分の子供が死んだというのに、親しい知人に「サニワをしてもらってメッセージをもらったの。その徳で上の霊界に行
けたのよ! 幸せでしょ」なんて言ってる人間がいたらちょっとおかしいですよ。

参考:[18801] 2003年12月02日(火) 15時43分




[20041]盲信者はこういう状態です by○○ 2004年01月22日(木) 14時44分■

邪○判決を受けたワールドメイトを知る上で、死体を生きていると信じ込まされていたライ フスペースの例がすごく似ています いいサイトがありました

心理学総合案内「こころの散歩道 」内のマインドコントロールの中で取り上げている「ライフスペース 成田ミイラ遺体事件」です

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/life.html


そこの「感応性妄想性障害」の説明(

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/mc/life.html


を読むと、まさに猛○ぜんじや、典型的なワールドメイト盲信者そのものです





[21020]精神に異常をきたす? by.○○ 2004年02月18日(水) 21時36分 ■

>大仁で寒い夜に表で神事をしていた時にも、途中で発狂したみたいに絶叫しながら暴れだした方がいましたけど
>、教団は裁判でも、そういうのは霊障が噴出した状態で、生理的に過酷な状況に置かれたために肉体や精神に異常
>を来たしたわけではありません、とか説明するのでしょうか


先程根○さんに紹介したオペラ神業のメルマガでも、深見氏が、「オペラ聖徳太子」を最後まで平常心で楽しんでくださいと言い、もし「スター」が現れたら皆で取り押さえてくださいと言ってますが、亡霊が出たりなにか異常なシーンがあったのでしょうか。

参考:[21006] 2004年02月18日(水) 15時26分




[21706]一番の開運方法とは by.○○ 2004年03月24日(水) 22時22分 ■

 もともと精神状態が不安定で頭がおかしくなりそうで、もしかしたらWMに入会したら開運するんじゃないかと思い入会しました。しかし精神状態はいっこうに改善しません。というか神法悟○得で祈っていると余計不安定になりました。そこで実験をしてみました。神法悟○得をやめたらどうなるかと・・・

すると、祈らないほうが精神状態がいいんです。さらに最近WMに疑問をもち、その矛盾点をとりあげ、批判をこの掲示板でしていると、精神状態が良くなっているんですよ。不思議ですねえ・・・神界の仕組みとは一体どうなっているんでしょう。明日にでもWMを退会してどのような変化 あるか試してみようと思うんです。

 でも良く考えてみたら、神は万人に対して平等なはずだから、WMをやめたからといって霊線が切れるってことはないですよね。やめて運勢が下がるなんてまさか神様がそんな度量の狭い御方なわけないですよね。

逆に考えるとWMをやめて運勢が下がるというなら、それは自分の教義に会員を縛りつけようとしているということだ。その教義から開放されることが一番の開運方法であると思う。




[24791]蛍の森 by.○○2004年09月11日(土) 18時44分 ■

はじめてリンクBLOG板を覗いたら、元会員の「蛍の森」(ワールドメイト被害者ほたるの日記)という掲示板がありました。

『救霊師の声を聞いてるうちに軽い催眠状態に陥るようになっています。そして、霊の世界に心が汚染されてしまいます。一度WMの救霊を受けると、すべての不運と不健康が霊の仕業に思えてきて、何度受けても気が済まないようになります。

そして、そのうち心が壊れてしまいます。霊という観念のもつ影響力に次第に常識的な意識が負けてしまうからだそうです。狂った人も何人もいます。私もずっと通院中です。お薬をたくさん貰っていますが、辛い日々が続いています。』



このような被害者に対しワールドメイトはどのような責任を取ってくれるのですか。他人の精神を狂わすような救霊は即刻やめてください。




[26011]にゃ○○さんへ by.○○ 2004年10月24日(日) 14時12分 ■

私は、どの精神医学の教科書にも記載されている一般的事項を述べているだけです。あなたも、宗教だけではなく、精神医学も勉強して、マイコン原因の解明と除去のための武器としたらどうですか。

医学の発達により、精神病も神、悪魔、悪霊の仕業などではなく、脳内神経伝達「物質」の異常によるものであることが次第に解明されてきました。現に、その物質の調整のための抗不安薬、抗精神病薬、抗躁うつ病薬の投与により、効果が認められています。

現在では精神病は、風邪や腹下しと同様、単なる治療可能な病気に過ぎません。

「精神病」と聞いただけで、そのように過剰反応することは、精神医学についての無知を示す証拠で、かえって患者に対する重大な「差別」ではないですか。

「被害妄想」も、精神病の症状の一つです。




[26269]にゃ○○さんへ by.○○ 2004年10月31日(日) 10時38分 ■

憑依現象やその他の精神病が、未開時代に考えられていたような、「神」「霊」「悪魔」「動物霊」の仕業などではなく、主として脳内神経伝達物質の異常による、薬物によって治療可能な「身体的な」病気に過ぎないという、最近の精神医学の知見を紹介することが、何で「医師法違反」になるのか。むしろ「霊障」などに苦しむ人々に、安心と希望を与えるものではないか。

治療可能な「身体的な」病気と考えていれば、何の偏見も差別もない。

あなたのように「精神病」という言葉に過剰に反応することこそ、精神医学の知識の欠如に基く、患者に対する重大な偏見と侮辱と差別ではないか。

「人権」の中で飛び抜けて最高・最大のものは人間の「生命」であることはあまりにも明白だろう。その他のもろもろの「人権」などは及びもつかない。その生命を黙々と守ってくれている現場の自衛官の尊い職務を侮辱するがごとき言辞こそ、最大の「人権侵害」ではないか。

「人権」「平和」「愛」などを唱えたり、書かれた法律の「言葉」を「暗誦」するのではなく、それらの拠って立つ基盤を現実に立脚してより深く考察してこそ、初めて意味がある。

これらの言葉を「唱える」者の実際の行動は、その正反対であることは古今の真理である。唱えた途端に観念化し、実質が失われるからである。

例えば、本当に「愛」を行う人は、その言葉を絶対に口にしない。
「巧言令色少なし仁」とは、2500年前の孔子の言葉である。




[26399]躁病の症状 by.○○ 2004年11月06日(土) 01時00分 ■

躁うつ病における躁状態の症状

1)気分:気分の高揚が基本症状であり、爽快感、快調感がみられ、自信に満ち、楽観的となり、幸福感、万能感をともなうこともある。しかし、些細なことで刺激を受けやすく、喜怒哀楽を表しやすくなり、気分が変わりやすい(気分易変性)。さらに病勢が悪化すると不機嫌、攻撃的となり興奮しやすくなる。時に抑鬱気分を伴う躁鬱混合状態を呈することがある。

2)思考:着想豊富で多弁となるが、論理が飛躍してまとまりが悪くなる(観念奔逸)、思考内容も誇大的となり、誇大妄想に発展することがある。

3)意欲・行動:多動となり様々な活動を企画するが、集中力に欠けるため失敗に終わることが多い。乱費や社会的逸脱行動などもみられ、それまでの対人関係が破壊されたり、職業的機能に著しい障害を惹起することも稀ではない。

4)身体症状:睡眠欲求は減少し、性欲は亢進する。

(「今日の診断指針 第5版」、医学書院発行)




[27001]多くの人が by.○○ 2004年12月08日(水) 09時56分 ■

カネ取られて精神に異常をきたしてるんですよね…。
見えもしない神様に一方的に話しかけてれば頭もおかしくなりますよね。

パナウェーブやライフスペースも笑えないですよ。




[24482]「精神」は「身体」からby○○2005年05月2時03分 ■

「精神」も「身体」の機能として生じる。思考や感情、即ち「心」「魂」も、脳細胞の働きに過ぎない。

人間を、「精神」と「身体」に分ける二元論は、脳科学の発達により否定されている。

観念論哲学は、身体やそれが知覚する現実界を無視した、いわば砂上の楼閣。現実を突き付けられれば、一発で崩壊する「妄想」である。

他者から認められたい、誉められたい、(社会に役立つ)仕事をしたい、という感情も、生存と種族保存の欲求とそれから派生する共同体形成・維持の「身体的本能」から発生するものである。人間は、独りでは、生存も種族保存も絶対に不可能だからである。

カルトは、精神(魂)が身体とは別に存在するという二元論を常に利用するから、十分な警戒が必要である




25098]退会直前さんへ by.○○ 2005年06月09日(木) 02時29分 ■

気を急かせる訳ではないですが、今度ここに書き込みされる時は退会直後さんである事を願います。

しかし個人を特定されぬよう退会されてもハンドルは変えない方がいいと思います。余計な事言ってすみません。

私も含め、ここに来られる多くの方が退会後揺り戻しに悩まされました。
私はもう誰からも守られてないんじゃ無いかとか、もう1回入会しようかなんてバカな事も頭をよぎった程です。

現実的なアドバイスで甚だ失礼致しますが、あんまりきつい時は妄言仙人さんが言われてるように診療内科でお薬を貰うのも一つの手段としてあります。多くの心の病もお薬で和らぐようです。

後は時間が解決してくれると思いますが、くれぐれもご無理をなされぬよう。
そしてここへ頻繁にいらしたら皆さんが助けてくれます。
私も2、3年前その一人でした。




[25186]メルマガは by.○○2005年06月11日(土) 16時26分 ■

精神科の医者に見せた方が良いでしょうね。
適当な病名を付けてくれると思います。




[26115会員になればby.○○2005年06月29日(水) 21時18分■

藤田氏の、「スピリチュアル・アビューズ批判」にあるように、カルトはスピリチュアリティを触発し、刺激し、そこを突き、アビューズしながら信者のうちに信仰心、宗教心をつくりあげていく。その底には、精神的昂揚感を伴いながらも、不安感、恐怖感、切迫感が流れている。そして人格は呪縛されている。

つまり、「精神の自由」を侵害しながらカルトは成立する。人格が呪縛されたが最後、信仰を自ら批判的に検証す體ケはない。疑う先は地獄、離脱は困難、という精神構造になっている・・・」

ここで皆さんが、会員さんのことを「イッチャッタ目」と評しているのはまさにそれだと思います。

ワールドメイト側は「被害者などいない」と強調しますが、本人に自覚がないのであれば、被害者意識などあるわけないでしょう。

しかし、目が覚めたアンチは、立派な被害者です。金銭や時間的被害、そして「精神の被害」は多大です。

ワールドメイトに「他人を不幸にする自由」はありません。会員さんもしかりです。他人を巻き添えにしないでください。




[27394]WMを訴えたいと思います。そこでWMを訴えて勝訴したことのある方と・・・ by.○○ 2005年07月31日(日) 13時52分 ■

みなさんこんにちは。私はWMの被害者だと自信を持って思えそうです。
私はWMを訴えようと思えます。私はWMのせいで学業を中断しざるをえないようにされたと自信を持って思います。

ヒステリー・情緒不安定・統合失調症のようも思える精神状況・感情鈍磨・抑鬱のように思える精神状況にされまして、生霊の話の脅しでとてつもなく大切なものを捨てさされ、自殺願望も持たされ、長い間とてつもない悲しみと絶望で布団の中で泣いていました。

家族はばらばらになりました。親は正式に離婚はしていませんが、WMに関係し、ばらばらになりました。

病院にもかよいました。勇気を出して警察にWMのことを訴えかけにもいきましたが、正直警察は無知でした。このサイトの存在のこと、WMにされたこと、WMの裁判の判例も言いましたが、「インターネットなんてだれが根も葉もないうそを流してるかもわからないものだ。」(インナーネットの存在位置づけを根本からむやみに全く信頼性の無いものと決め付ける発言をしていました。すごい偏見だと思います。

それも、実際にインターネットを触ってこのサイトやWMの裁判の判例を調べることも全くせずにです。正直警察にも悔しさと悲しさと怒りを与えられました。「しんれい現象だってあるかもしれない」などと、法の番人であらなければならないはずの身でいながら私的信仰観をそういう場で持ち出しもされました。(尊いぶべきはずの一般市民が決死の思いでたよりにきたというのに)

私は今の今までWMに与えられた精神的苦難で心と頭がぐちゃぐちゃで、悲しみ悔しく思い、怒り、いろんなものがまじった苦しみと闘わされていました。なのでWMを訴える行動に本格的にでることができない精神的状況にいました。しかし今やっと、訴えるという行動に本格的にでることが出来るに到達できたと思います。そこで、実際にWMを訴えて勝訴したことのある方とお話をさせていただきたいと思うのですが、いいでしょうか・・・・

もしよろしければ ぜひ、お力になって頂きたいんです。
どうかよろしくお願いします・・・




[27408]自分は被害者だと自信を持って思えそう さんへ by.○○ 2005年07月31日(日) 21時51分 ■

実際に行動を始めると自分が思っている道理なんてものは通らないという場面に多々直面することと思います。警察の対応に失望したのもその一歩です。不条理に耐え、どんな結果でも受け入る覚悟がないと本当につらいよ。

委任する弁護士の選択眼も大きな分かれ目です。依頼人の耳に心地よいことばかりを言う先生はまず力がないと思います。情緒不安定、抑鬱、自律神経失調で、訴える行動に本格的に出ることが出来なかった精神状態は解消していますか?いまだに不安定なら、そんな先生を選んでしまいそうで心配す。

訴訟費用や弁護士報酬を立て替えてくれる法律扶助制度というものもありますが、要件は厳しく、採用のハードルは高いようです。それから同種事案といっても請求内容も同一ではありませんし、他人の勝訴事例が直ちに自分のケースに当てはまると考えて期待するのはるのは危ないでしょう。

書き込みの内容からすると、自治体の無料法律相談は全く不適でしょう。事実関係を整理して、被害を裏付ける客観資料を出来るだけ揃えた上で、弁護士会の法律相談を受けるという順序か、信頼できる知り合いの方に弁護士を紹介してもらうのがよいのではないでしょうか。

上記の心的障害を被ったという主張なら、精神科医の診断書とWMが原因であるという所見を記した意見書なども用意したほうがいいと思います。行動をしながらいろいろ調べて知識を得ていけば、訴訟を続けられるかどうか、多額の支出をする前に判断できることもあると思います。

法律家の見解を伺って、悩んで調べて考えて決めるしかないと思うのです。

参考:[27394] 2005年07月31日(日) 13時52分




[27439]んばってほしいのですが螂 by○○2005年08月02日(火) 06時56分 ■

私も同じ事を思い立ったことがあるので、是非がんばってほしいと思うのですが。

私自身は(私の特別な事情もあると思いますが)訴えようと思って警察と裁判所に問い合せたところ、まったく取り合ってもらえませんでした。

知り合いに弁護士を紹介してもらいましたが、「止めた方がいい」の一点張りでした。勝つどころか、無闇に訴訟を起こすと、こっちが逆に訴えられるそうです。明確な詐欺でお金を取られたのなら取り返すこともできるけど、精神的な被害だけではどうしようもないそうです。「こんなの訴訟になるわけないよ」と冷たく言われました。

でもこれは私だからかもしれません。私はWMに入る前から精神的に不安定なところがありました。だから訴えるよりまず心療内科を勧められました。

病院では、「宗教のことは一切考えるな、思い出すな」といわれました。精神の異常は器質的な問題なので、宗教的世界のことを考えるだけで病気がひどくなると言われました。私自身の体質の問題だというのです。

「宗教団体のせいだ」と思うだけで病気が治らなくなるといわれました。今でもこういうサイトを見てることは内緒です。止められてます。すみません。参考にならなくて。

参考:[27394] 2005年07月31日(日) 13時52分




[29759]かなり古い現会員さんへ by.○○ 2005年09月24日(土) 16時34分 ■

わたしも同じような経験があります 会員の友人が発狂したことです

自殺する前に発狂です この件をくわしくかくとばれますからやめときます
そのわたしの会員の友人は しばらく入院しました 
キュウレイ師にも相談し また 総本部にも相談したところ 支部でなんとかしなさい なんだそれーといううことでした

友人は 会員をやめました 発狂した原因は シンギョウにつかれたとのこと まだ3年前くらいのことです




[30452]みんな早く、気がついてほしいな。 by○○2005年11月06日(日) 15時29分 ■

私は、WMへ入会し、毎月、会費と(途中家族会員分も)15年間払い続けました。
神事では、貯金をはたいて、遂には貯金がなくなり、借金までして神事を申しこんだものです。
F氏は当初、「私には一切WMから、懐にお金が入ってこないようになっている。
それは宗教家として目が曇らぬ為」と。

しかし、支部に行くようになって、○ンゼルビデオを拝見し、F氏の体がブヨブヨに見えたので、違う会員さんに尋ねたら、「通風らしい」との回答。ああいいもの食っているんだな。と思っていたら、「それは 、会費を○き上げて、略  
それでまた、「神事ではもっと金を回収しないと、○が入らないため、わざと神事を延ばしたりしている。」とはっきり言われました。(某支部の偉い方)

「このヤロー」と私は騙されたと思い、退会したのです。
おかげで、退会後は、医者にうつ病と診断され、現在会社を休職中。
おそらく、トータル的に740万円位の被害です。
早く気がつけ。みなさん。




[30454]うつ病になった男さんへ by.○○ 2005年11月06日(日) 16時28分 ■

元会員の知人で、うつ病になった者がいます。
私は、知人の2人の医者にうつ病を治す方法をたずねました。

一人の医者は、うつ病の原因のひとつに、睡眠にバランスがくずれたことがきっかけになることがある。
上記の彼がそうでした。

朝早起きし、太陽の陽を十分に身体に浴び、ジョギングでもすれば、直る。と言い。一人の医者は安定剤等で。

彼に伝え、医師にもかかり、今は元気です。
彼は私のところに、朝晩とはず電話をしてきました。おもに聞き手でしたが。

過去の後悔と、未来への不安のハザマで、身動きがとれない様子でした。
また、栄養にも医師である知人が言及されていました。ビタミン・ミネラル。

さて、カ○トの教祖の共通点として、決まって、デ○ですね。
修行など全くしていない証拠ですね。江○さんしかり。




[30501]「予言者、終末論者と精神分裂病の心理」 by.○○ 2005年11月08日(火) 22時39分 ■

以下は、「人はなぜ宗教にシビレるのか」の著者小田晋氏が書かれた中の表題の引用です。
深見氏はほんとに終末論を信じているのか、それとも会員を脅すためなのか、いずれにしてもそういう集団にいればおのずと「朱に交われば赤くなる」可能性があるので、早く退会したほうが身のためです。

         ・・・・・・・・↓ ↓ ↓

『 私たち精神科医が日常的に出会う終末論者は精神分裂病者であって、宗教的意識など持たない平凡な症例であっても、疾病の急性に「世界は滅亡する」・・といった、専門用語でいう「世界没落体験」を口にすることがしばしばある。

 何か大変なことが起きそうだという予感(妄想気分)や、妄想知覚・・精神分裂病にほぼ特有の原発妄想がその背後にある。 

原発妄想というのは、心理的な理由のない、むしろ脳の機能障害に基づく妄想のことで、その限りでは生物学的なものである

 人類が精神分裂病になることのない動物であったら、私たちが今日のような形で高等宗教を持っていたかどうかは疑問である、という事は言えるだろう。

 つまり、妄想は個人の病理だが、それが他人を巻き込んで共有妄想障害(誘発妄想障害)または感応精神病ーいずれも発端者の妄想を他者が共有するようになることーといった形をとることによって、カルトが形成されやすくなる。

 そして、カリスマ的指導者の言っていることの内容は、現世的な経験則では批判しにくい領域でのことであり、そのためカルト集団の内部では、共有妄想障害が最も起こりやすいのである。

 こういう共有妄想障害が形成され、それが他者を巻き込んでいくのは、一般の人々も「今の世の中がこのままでいくはずはない。何かが起こる」と漠然と考えている風潮が、その一つの温床になっていると思われる。』




[31951]電波系 by.○○ 2006年02月06日(月) 21時29分 ■

電波系という言葉を知っていますか。医師同士では、良く使われる言葉です。
「最近電波系が多くなって参っている」などと使う。

声が聞こえ人のことを電波系と言い、心療内科の患者で病状の重い患者は共通して、その人だけに声が聞こえるそうです。

神の言葉などという戯言をのたまう教祖は、医者の友人に言わせると間違いなく電波系だそうです。




[32089]やばい相手だったとは by○○2006年02月18日(土) 13時00分 ■

そーいや支部にも何を言っているのかわからない人いましたね。

薬寿師の講習会でも自分にだけ神が降りていると公言していた会員さんも。
そういう団体に入っていたんだなあと今思い返しても ぞっとする。




[32262]裁判 by○○2006年02月22日(水) 14時08分 ■

心臓に毛のはえた祈祷師たちわたしはワ―ルドメイトに引きずりこまれて精神疾感になり精神科に入院してしまいました 神法をしてすればなにをしても構わないという祈祷師の姿勢に強い怒りといきどうりをかんじます

どこの支部もいきなり脅迫まがいの姿勢 深見教にそまり 奉仕心を失くした神主達 つらい修行に耐えられなければ去れと言わんばかりの態度

神主という自覚がないまま神法を身につけたがゆえにおこる会員どうしの争い アタ―ルで脅迫を受けること2回 その他諸々退院して3ヶ月になります アルツハイマーの様な症状で苦しんでいます

常識では考えられないのですが神前の前で他の会員に脅迫を何度も受け自分の理性の限界を通過してしまいました
車に乗っていて 突然アルパシーダが鬼のようにかかってきて丸一日もがき苦しんだこともあります 牛久の支部に救いを求めて入っていったのですが出ていけといわれてその状態のまま返ろうとして車を動かしてぶつけてしまいました 

やったのは水戸の救霊師ですが何事もなかったかのような返事 殺してやりたい気分で一杯です 神法をもってすればまちがえがないとでも思っているのでしょう 体と心の状態が裁判に耐えられる位になったら法律事務所のほうに通うつもりです 今は人間として再起不能になってしまいました 

脅迫や罵声があまりにも多すぎる 結論ずければ金取り宗教にひっかかり精神障害になってしまいました 医療費や生活費などは国から今後いただけることになるのですが ワ―ルドメイトに謝罪させる為に親から金を借りて裁判を起こすつもりです




[32500]霊はあるか by.○○ 2006年02月28日(火) 23時17分 ■

『霊は「霊感の強い人には見えるが、霊感のない人や霊感の弱い人には見えない」なんていうことを主張する人もいる。そこに幽体があるにもかかわらず、見える人と見えない人がいる。変な話だ。

「霊感の強い人」が「「霊が見える」と言ったなら、より優れた視力を持っている人にも当然見えなければならないことになる。・・本当は見えるはずのないものが霊感の強い人だけ「見えた」と感じられる現象、つまり「幻覚」ということになる。

「幻覚」とは「対象のない知覚」を意味する心理学用語で、「実際に物がないのにそのものが見え、音がないのにそれが聞こえるというような現象」である。英語では「ハルシネーション」と呼ばれ、幻聴、幻視、幻味、幻色、幻嗅などがある。

いずれにしても、客観的には実在しないものを「実在する」 と感じる「知覚障害」である。「霊が見える」とか「霊が祟る」とか言うのは、信じた人々の側に原因があると考えるべきなのだ。 ー安斎育郎』

教祖が嘘をついているのか、それとも幻覚なのか確認のしようがありませんが、少なくとも教祖の話を有難がって信じて、祈り、お金を払う価値はないと思いませんか。




[32936]kokoroさんへ by○○2006年03月15日(水) 12時25分 ■

>心が聞かされてる事に関しては、どうしたらいいでしょうか?


「心で聞かされる」とは、具体的にはどういうことですか。どのような内容を聞かされたのですか。「聴く」ことは、聴覚器官としての耳でしか聞けないはずですが。

他の人々には聴こえないのに、あなただけに聴こえるとすれば、それは「幻聴」と言って、特に、統合失調症の代表的症状です。

精神科の医師に、早急な診断と治療を受けてください。

参考:[32935] 2006年03月15日(水) 11時47分




[33250]あるある by○○ 2006年04月12日(水) 00時36分 ■

横柄なキュウレイ師に当たったとき何考えてんだーって思ったときがある。

おーあんたの目の周りが紫に光っている おーきつねだーって言われたことがあります。
えっキツネって、悪い意味なんではないの?この言葉はWM的に最悪じゃん って本当に落ち込んだときがある。

そして精神科へ

でもあるきっかけで立ち直りました。いまでもこのキュウレイ師にこんちくしょうって思っている。はっきりいって憎んでます。このことがあってわたしは退会しました。




[33293]真実様 by.○○2006年04月18日(火) 11時20分■

明らかに統合失調症(精神分裂病)の症状です。
まず、最新の精神医学の教科書を数種類読み、この病気を専門的に理解して下さい。

現代医学の水準では、統合失調症は、脳内の神経伝達物質の一種であるドーパミンD2の過剰により起こることが証明・確定されています。「神様」や「霊」など一切関係なく、それらが「現れる」のは、むしろ病気の「症状」に過ぎません。

現在、統合失調症の治療薬(抗精神病薬)は30種類以上あり、さらに次々と新薬が開発されています。昔と違って、現在では多剤併用ではなく、単剤又は少数種類の薬剤による治療が原則です。

あなたの場合、薬がすぐに効かなかったから、又は副作用を過度に心配して、治療を早期に止めてしまったのが原因だと思われます。薬が体内に変化を起こさせて効果が発現するまでには継続的服用が必要であり、3ヶ月以上継続服用しないと効果が現れない薬もあります。殆どの薬剤には、多かれ少なかれ副作用が生じる「可能性」がありますが、副作用という「害」よりも治療効果という「益」のほうが上回るからこそ、医師は薬剤を使うのです。

専門医は副作用を厳重にチェックし、抗精神病薬と共に、その副作用を防ぐ薬剤も必ず投与し、重大な副作用が発生すれば、与薬を止めるか、薬剤を変更します。

宗教などに頼ると、症状が却って悪化するか、他の精神病になるだけです。宗教とは、「人為的に精神病を作り出す技術」だからです。

大至急、大学病院の精神科を受診し、あなたの症状を詳しく話して精密検査を受け、薬をきちんと長期間継続して服用し、必要であれば入院して下さい。すべての薬剤には何十という副作用が記載されていますが、個人差が大きく、それらの一つでもが実際に生じることは稀です。

あなたの「神様」も「霊」も、脳内のドーパミンという「物質 」の仕業による「病気の症状」だということを忘れないで
下さい。

病気の治療には、患者側も医師と同程度の専門的知識を学び、患者と医師とが「協力して」病気と闘うことが絶対に必要です。

インフォームド・コンセントという言葉が盛んに使われていますが、患者が医師と同程度の専門知識がない限り、医師のインフォメーション(医学情報)を完全に理解することは不可能で、有効なコンセント(同意)が出来るはずがありません。




[33306]スター誕生 by.○○2006年04月19日(水) 23時51分 ■

>私は今、統合失調症にかかっています。原因は神との対話の影響で瞑想をして、
>天井に浮いてた黒い霧を吸い込んだからです。・・・
>なんとか地獄を乗り切り、退院できました。・・・救われたと思いまし>た。。
>そんな時、除霊をしてるワールドメイトを知人に紹介されました。
>幻聴は一週間消えました。だから、一、二週間ごとに受けました。
>お取次ぎする人によって効き方は様々ですが確実に効果があります。
>薬も一日10錠飲んでたのが3錠に減りました。


精神疾患の方は一応お断りと言ってるだけで、実際はそのような病気の方にも救霊が行われているようですね。クレームがくるようになってから断るようになったということは聞いていますが、表向き予防線を張ってるだけなのでしょう。

「神との対話の影響で・・・」なのであれば、またその神や悪霊の存在を肯定して除霊をされたことが果たしてよかったのでしょうか。

退院されるくらいになっていたのであれば、除霊でよくなったというのは単なる思い込みで、薬の効果が徐々に出てきたからではないのですか。

ワールドメイトに入会したことにより躁状態になったり精神が不安定になったりした方を「スターが誕生しました」などと言ってることからも、霊の存在を肯定する救霊を受けることに疑問を感じます。盲信者になれば「ちょっとだけよ」は通用しないですから。

参考:[33290] 2006年04月18日(火) 01時35分




[33331]救霊 by.○○ 2006年04月22日(土) 10時17分 ■

高いお金を払って何度も受けた救霊・・・うけるごとにだんだん現実がおかしくなり、最終的に精神的な病気になってしまいました。

エンゼルに入ると開運が早いとか言われて入ったものの・・・。今まで払ったお金返して欲しい。
こんな宗教早くなくなればいいのに!!!




[33446]架空の「霊」による、精神障害の実例 by○○ 2006年05月01日(月) 03時19分 ■

2chからのコピペです。真光も、WMと同様、大本起源のカルトです。

「寄付とられ、目治らず!――(「赤旗」1974.10.7 8版14面) 世界真光文明教団“悪霊だ”とすまし顔

「霊光によって悪霊を取り除く」をうたい文句にしている東京都内の心霊教団の道場に一年間通った女性が狂乱状態になり、この八月下旬精神病院に入院したことが六日、被害者の家族からの訴えで明らかになりました。

先月末には広島市内の女子高生が文化祭で同じ教団の“真光の業(わざ)”にかけられて術がとけなくなり三日間も半狂乱に なるという事件が起きており、心霊宗教のあり方が大きな問題になっています。

問題の道場は東京・杉並区永福三丁目の宗教法人「世界真光文明教団」東京の大修験道場(平塚林司道場長)。

道場の話を信じたA子さんは、通いだして一週間ほどで「片目がみえてきたようだ」と大喜び。同じ年の六月には三日間の 研修会にも参加し、以後、毎日のように道場に通うようになりました。ところがことしの六月にはいってから、突然 「霊が動き出してきた」と、七転八倒して狂乱状態におちいるようになりました。

四、五日おきに起こる発作に、導師がなん度かA子さんの自宅にやってきて「鎮まれ!鎮まれ!」と叫んでも、様態は悪くなる 一方。その後、狂乱症状は慢性化し、あちこちの病院をまわった末、八月二十九日、自閉症との診断で、A子さんは都内の精神病院に入院、いまだに面会謝絶です。

母親は道場で、手かざしで効果がないと、「もっと寄付を出せ」との言葉。

これには呆れてしまった。娘をもとのようにして返してほしい」と訴えています。」




[33576]お言葉返すようですが by.○○ 2006年05月06日(土) 07時36分 ■

会員番号しっくすないん様

>治療できるのであれば年間3万人も自殺者はでませんよ


自殺者のうちどれくらいの方が精神科受診暦があり、さらに治療歴があるか手元に資料がありませんが、少なくとも
わけのわからん霊能者に餌をやるよりも、比較にならないくらいはるかに高い自殺予防を精神科の先生たちはされているはずです。

とくに通院医療費公費負担制度(精神疾患で通院した場合、医療費が5パーセント負担で済む:いわゆる32条制度)でどれだけ多くの精神疾患で苦しむ方々が救われ、さらには自殺せずに済んできたことでしょう。

「通院医療費公費負担制度」で検索されると参考になるサイトやBLOGがみつかりますよ。




[33708]祈祷精神病(Invocationspsychoses) by.○○ 2006年05月08日(月) 15時05分 ■

「森田療法」の創始者として世界的に有名な精神医学者である森田正馬(もりたまさたけ)が、1915年に記載した、反応性精神病の一種で、ほとんどすべての精神医学の教科書に記載されています。
その名の示すとおり、祈祷を中心とする宗教的儀式を契機として憑依妄想や人格変換が発現します。

1)成因
背景としてのシャーマニズム的文化の存在、宗教的儀式におけるシャーマンによる暗示と自己暗示、被暗示性の高さ、宗教的感動などがあります。

2)症状
人間霊や動物霊(本邦ではとくにキツネ)、神霊、怨霊などが「憑く」憑依状態を中核とします。

3)経過と予後
経過は、数日から数ヶ月とされるが、極めて持続の短いものもある。

4)鑑別診断(省略)

5)治療
とりわけ重症例では、患者本人の安全を確保することや、シャーマニズム的環境から離脱させるという治療的配慮から、入院加療が必要になる場合が多い。抗精神病薬の投与が必要な事例もしばしば存在する。

(以上、「標準精神医学 第3版」(2005年4月1日 医学書院発行)

以上のように、宗教は精神病を発生させることがありますから、宗教などに頼るのは極めて危険です。却って悪化するか、新たな精神病の原因になるだけです。

真実さんの場合、治療期間が短すぎたのか、または治療(抗精神病薬の選択や用量等)が必ずしも適切ではなかったものと思われます。大学病院の精神科で受診し、「辛抱強く」治療を続けてください。




[33709]33708の訂正及び「感応精神病」 by.○○2006年05月08日(月) 15時34分 ■

なお、「反応(性)精神病」とは、「強い精神的負荷を与えるような体験に起因する精神病状態、つまり「心因」による精神病状態の総称です。

これには、前記の祈祷精神病や「感応精神病(induced psychosis)」が含まれます。感応精神病とは、広義では、複数の固体の間で、妄想を中心とする精神症状が共有される現象であり、狭義では、病者から健常者への症状の伝達・転移・感染が起こる現象を指し、通常は狭義の意味に用いられます。「共生精神病」又は「二人組み精神病(folie a deux(フランス語))とも呼ばれます。

症状としては、本邦では憑依状態の頻度も高いといわれています。特定の宗教の信者たちの間にも発生します。

治療としては、まず発端者(病者、宗教では「教祖」や「宗教団体」)から引き離すことが重要です。
(以上、「標準精神医学 第3版」から抜粋)




[33712]真実さんへ by.○○ 2006年05月08日(月) 22時45分 ■

 私も実は、統合失調症です。まだ暴れたりはしていませんが、妙に不安になったり意欲がわかず、幻聴はあったりします。薬も使っていますが、以前より量がかなり増えました。

 しかし困ったのは、私が出入りしていた支部で、このことがいつの間にか広まってしまったことでした。その当時は、私は東京にいました。 とは言え、そのことが原因で、表立った差別などを受けることはありませんでしたが。

 私も真実さんも、医師の力を借りて、正しく治していくのが一番でしょう。ここの皆さんがおっしゃる通り。




[33714]今日は秋葉原に行けました by.○○2006年05月09日(火) 00時13分 ■

統合失調症の真実です。皆様の書き込みありがとうございます。今帰ってきまして、何日か振りに出かけてました。
友達の付き合いでi-podを見に行きました。不安だったので薬を多めに飲んで行きました。

幻聴は家を出る時以外、全くありませんでした。
しかし、電気街を二時間も歩いていると、疲れて思考が麻痺します。

その間にも、WMからの誘うメールで気が滅入ってきます。
秋葉原から離れていく電車の中で、もうだめなんじゃないかと思いました。

私はまだ三十歳前で、発病してから、五年を過ぎてます。
もう社会復帰は無理じゃないかと、総武線の中でつぶやきました。

そのとき、考え方を変えました。私は大丈夫だ。私はサムライだ。こんなとこでは、絶対終わらないと。そう心の中で繰り返しました。

そうしたら、エネルギーが湧いてきました。まだやれる、と。
神にすがるのでなく、自分の生きるちからを信じようと思いました。

これがホントの信仰心ではないでしょうか?
私がなぜ、ワールドメイトに入ったかを今度書き込みいたします。




[33718]私が受けた勧誘方法 by.○○ 2006年05月09日(火) 08時52分 ■

私が除霊やミタマソセイに興味を持ち、エリア本部に通い始めた頃さりげない勧誘を受けましたが、断っていました。
あるときエリア本部から、手相の鑑定と強運になれる話があると言われ、参加しました。

話は深○先生がいかにすばらしいかということでした。
その話が終わってから、歓談が始まりました。

そのとき年配の女性が近づいてきて、話しかけられました。
そして私は、聞かれるままに悩み事を打ち明けてしまいました。

そしたら、その人の態度が急変して、WMに入らなきゃだめだ!幸せになれるから。と強い押しで迫ってきました。さらに私(中年女性)があなたの親に会って、話をつけてあげるから、とまで。ああ~逃げ出したいと思いましたが、あまりに強い押しで負けて、入会してしまいました。

あとで分かったのですが、私が誰が入会を勧めても断ってるとのことで、どうにか入会させたいがため、内部で話あって、中年の女性を送り込んできたのでした。

私を入会させるのは、あの中年女性が良いと、WMが刺客を送り込んできたのでした。
宗教も営業もやり方は一緒ですね。




[34190] by.○○2006年05月28日(日) 23時13分 ■

実は私は気がくるってやめたんです。WMの脅しです。すぐに魔がついたとかキツネがついたとかいわれて 本当におかしくなりました。精神科に通院して 出雲の神にご祈祷してもらい 治癒の方向にむかったのです。ある意味霊能者になってしまい、いろいろ見えてしまうんです。本当ですよ。

それが 見事にあたるわけです。予言したことが、ただ 通常の生活ができなくなってしまいました。精神科ではこれを分裂状態といわれました。今ではなにもみえませんが。

私みたいなひとが WMの会員のなかで 発病する人が何人もいるらしいです
つまり 霊能者を生産してるんです。危険ですね。




[34215]押し付けになるかもしれないが、聞いて欲しい。 by○○2006年05月29日(月) 13時00分 ■

統合失調症は、狐付きでも、悪霊・悪魔あるいは忌まわしい動物に取り付かれたからでもありません。もうご存知かもしれませんが、色々な説があります。

その中でも有力なのは、ドパミン仮説(前頭葉のドパミンの働きが低下し、中脳辺葉系のドパミンの働きが活性化し、いわゆるネガティブ・ポジティブ症状が出現する)や、ストレス脆弱性モデル(胎児時に母体がインフルエンザにかかったり、小児期に頭部打撲体験があり、そこに心理的ストレスが加えられた等)が研究で明らかになりつつあります。

要するに、胃癌や肺気腫などと同様に、メカニズムが成り立つ病気なのです。

医の父であるヒポクラテス(B.C.460~375)はもう、統合失調症が悪霊・神霊によって起こるという考えは退けているんですよ。今は21世紀です。

私は精神科に努めていた経歴をもつ看護師です。
内服によってコントロールされ、授産施設などで復帰の訓練をし、そして在宅看護を受けながら在宅復帰しても、内服を自己判断で止め、以前より状態悪くなり、再入院という患者を何人も知っています。

医学以外にもなにか心のよりどころを持つことは、何も悪いことではないと思うし、むしろストレス緩和にはとっても良いと思います。でも、安易に「薬を飲むのをやめなさい」などという人たちは、何を根拠に言っているのか、本当に心から心配しているのでしょうか。

私は許せません。それは罪です。
でもワールドメイトによって、ストレス緩和され、心の平穏を得られるというのなら仕方が無いけれど…。

私の意見としては、これから、高齢化は進み、ますます自己責任化が進む世の中になっていくと思います。
疾患を抱えて生きていく方々達への保障も、どうなるかわかりません。

深見とやらにお金をささげるのではなく、今後の生活を見据えてたくわえを増やしていったほうがいいのでは?

そして、内服を中止するのは言語道断です。
それだけは、何があってもしてはいけないです。

辛かったら、主治医、または信頼できるスタッフに言いましょう。救霊師とやらにではなくて。




[34232]真実さんへ by.○○ 2006年05月29日(月) 21時10分 ■

 私も統合失調症もちなので、苦しい様子が分かります。私にも幻聴はあります。もっとも、あまりに破滅的な内容のものはなく、逆に良い内容のものもありますが。
 
 幻聴は、ワールドメイトに入って数年経ってからおこるようになりました。また、薬ものむようになりました。けれど、服薬の直接の理由はそれではありませんでしたが、幻聴がする旨を心療内科の医師に伝えたところ、「統合失調症」と診断されました。パニック障害のような面もあります。

 ところで、2003年7月末に行われた白山の登拝の時の、準備神業に私も行きました。当時は職を失っていました。これも統合失調症のせいでしたが。その時は、私はまだこの掲示板の存在を知りませんでした。

 そして9月。知人を通じて介護の職につかないか、という誘いを受けました。しかし、介護職というのは、普通の人が携わるのも大変な仕事なのに、ましてや、私の場合は、むしろ自分が他人の理解や援助が必要な側でした。それは、普通の生活はなんとか出来ても、ああいう仕事が勤まるものか、不安でした。

 それでも、これも証か、と当時は信じて、一応の訓練は受け、職についたものの、やはり統合失調症が悪化し、長くはもたずに退職の憂き目にあいました。

 こんなものが「縁結び」なのでしょうか。もしこれが菊理姫の縁結びだというのなら、恐るべき話です。

ワールドメイトでは、例えばお金のない人が逆にお金で人助けをするのが功徳になる、というような「お言葉」が聞かれますが、それならば、「他人の理解や援助が必要な人間が、他人の援助をすることが功徳になる」とでもいうのでしょうか。

 結局はまたもや失業し、更に以前に比べて薬の量が増えただけでした。ワールドメイトでいう証とは、こんなものでしょうか。

例えば、カシオペアの形代は、菊理姫が縁結びをするというので、ずっと前に1度書いたことがありましたが、確かに縁結びはありましたが、到底受け入れられるものではありませんでした。

 何やら、乱筆雑文になってしまい、真実さんへのお返事とはいえないものになりましたが、ご勘弁下さい。
 けれど、これは私の身に実際に起こったことです。




[34238]統合失調症 by.○○ 2006年05月30日(火) 08時42分 ■

約100人に1人が発症するというくらい別に珍しい病気ではないのですが本人にしてみればかなり苦しいそうですね。
おれの子供の友達が中二なんだが発症してしまい、両親はとても苦しんでいる。同じ子を持つ親として気持ちはよくわかります。

神のお告げが聞こえてくるそうだ。だがそれは脳みその中の本人だけの神なんだ。同病には見えるかもしれないが普通の人には全く見えない世界なんだ。脳の問題だから。

だからといって患者のほとんどは宗教だの神だの言わずに頑張ってんだ!

この病気がいつまでも偏見されるのは宗教やってるような一部の人間がおかしなことを言うからなんだ。
そんな人間が他の患者に迷惑かけてるんだ。

そしておれの兄貴みたいなまぬけがそいつらの言うことを真に受けて神を信じだしたりするんだ。

健康や精神を破壊して人間関係を壊して家族身内を不幸にして散財するような団体のどこがいいんだかおれには全く理解できない。




[34285]やめました by.○○ 2006年05月31日(水) 17時25分 ■

さっき総本部に電話して、退会しました。なぜ退会するかを、根掘り葉掘り、聞かれましたが、軽くかわし、退会いたしました。

ただ、気になっていることが、私の後に入った女友達がクズ龍師になり、今研修を受けていることです。
彼女は仕事の報酬が2倍になったことを、証だと信じて、はまってしまっています。パソコンの持たない彼女は、ここのサイトやあらゆる情報がありません。彼女は大切な友達なので、どうにかこの馬鹿げた宗教をやめさせたいです。

それと、もう一つ、彼女には秘密にしているのですが、私が病気になったのはドラッグのせいなのです。
WM関係者は特定の人が知っているのですが、彼女には秘密にしてもらってます。それがばれるのが怖いです。彼女が知ると、WMでない共通の知り合いにばれるでしょう。

自分でやったことなので、責任は取りますが、人の信用を失うのが一番怖いです。
病気になり数々の友人を失っているからです。これこそ、神頼みしかなさそうです。
せっかく、やめれたのに皮肉なものです。




[34360]お気持ちは察しますが by.○○2006年06月03日(土) 09時08分 ■

>今、薬が効いているため、正常です。
>この苦しみは、医者でも理解されません。

少なくともあなたの病状に対しては、ドクターは把握されていると思いますよ。

適切な処方であるから、薬が効いているんでしょ?
自分勝手に服薬を止めたりせず医師の指導のもとに服用を続けてください。


>みなさんは、何かにすがりたくなる気持ちが、お分かりになるでしょうか?

今まで「深見先生」を指導者と仰ぎ、100%信じていたのに
「ニセ者」だとわかったときのショックは計り知れないものがありましたよ。

退会者はみんなそうだと思います。皆同じような地獄を見てます。しばらくは辛いでしょうけど、必ず立ち直れますよ。

参考:[34341] 2006年06月02日(金) 15時58分




[34422]そんなことありません by.○○2006年06月04日(日) 12時15分 ■

>>真実さんは、とても優秀な人物のように思えるのだが…

>同意。
>重度の精神病者は、病識がないから、「私は精神病者」などと言わない。却って、精神病者と言われると
>激しく怒り、治療や服薬に抵抗する。


私は人にほめられるような人生を送っていません。十代でドラッグとSEXに走り、勉強もろくにしませんでした。
しかし、二十歳で人生の恩師に出会い、生き方を変え、仕事を一生懸命やり、人に認められる喜びをしりました。
仕事はデパートで販売をしてました。人を喜ばすのが好きでした。

だが、売り上げという壁にぶつかり、物を売ることに罪悪感を感じました。
そんなとき、地元の悪友とともに、覚せい剤を再び、最後の一回のつもりでやりました。
それから、幻聴、幻視が始まり、今に至ります。 
深見さんの教えと生き方に出会ったときは、感動しました。二人目の人生の師匠だと思い込みました。
だが、偽者でした。

ようは私は、影響を受けやすく、生き方がない、筋が通ってないのです。自立できてないのです。
だから、精神病になってからも、女にだらしがない。自分が醜くて仕方ない。
それだけに、神や宗教、聖人に憧れをもっています。

人生をやり直したいです。人を幸せにしたいです。
こんな私でも社会は受け入れてくれるでしょうか?人生は私を包んでくれるでしょうか?  
弱音を吐きました。

参考:[34420] 2006年06月04日(日) 10時03分




[34423]そうでしたか・・・ by.○○2006年06月04日(日) 13時29分 ■

精神疾患ではなく 幻聴・幻視は、覚せい剤からの離脱症状ですね?

まあ広義の精神疾患といえるのかも。
われわれが一生懸命「撲滅運動」をやっているというのに
まだまだ、簡単に手に入れることが出来るのでしょうか。

二度と手を出してはいけません。犯罪です。

参考:[34422] 2006年06月04日(日) 12時15分




[34424]真実さんへ by○○2006年06月04日(日) 13時38分 ■

素晴らしい書き込みですね。そのあるがままのあなた自身が「神」であり「聖人」なのです。
他に求める必要はありません。

覚せい剤中毒や幻視・幻聴は、「身体的な」病気です。神や霊とは一切関係なく、それらはむしろ病気の「症状」に過ぎません。精神医学も、他の自然科学と同様、あくまで発展途上で、判らないことは沢山ありますが、それでも、多くの精神障害が脳内の神経伝達物質の異常によって起こることはほぼ確定されており、その物質を調節する薬剤が多数開発され、実際に効果を上げています。

一昔前に比べると、まさに奇跡的な進歩です。いずれにせよ、現代医学の最高のレベルに任せるほかはないのですから、その進歩に係わった無数の他者に感謝しつつ、辛抱強く治療してください。

性欲は、人間の根源的本能。女にだらしがないのは、あなたの生命力が強いということで、
すこしも恥じることではありません。うらやましいです。

人間は、多種多様です。だから人間界が面白く、活気と進歩があるのです。あるがままのあなたこそ、唯一のあなたのすべてなのです。その悟りと自覚が、あなたに、限りない自信と自立性を与えます。意識的に、他人を幸せにしたいとか、社会に受け入れられたなどの「対価」を求めてはなりません。それでは、却って空回りして、不必要な焦燥感や不安を招きます。カルトはそこを狙ってやってくるのです。

あなたの心の中に「他者への想い」があり、それを心の赴くままに行動で表すことによるあなた自身の満足感が、「対価」なのです。たとえ他人がどう思おうと、社会が受け入れてくれなくても、その満足感は失われるものではありません。

そして、あなたの「他者への想い」は、あなたが意図しなくても、他人や社会に自然に伝わるものなのです。
あなたの書き込みには到底及びませんが、私の精一杯のコメントです。




[34992]仕事 by.○○2006年06月22日(木) 06時53分 ■

今日は五年ぶりのバイトです。神様にすがってたWMのころは、色々な人に救霊を受けるため、向精神薬を飲むなと言われ、半狂乱状態でしたが、WMを辞めて薬を毎日飲むようになってから、平和な日が続いてます。

今日は雨ですが心は晴天です。
稼いだお金を菊利姫にとられる心配がないからです。
行ってきます。




[35055]神にすがっても何も無い by.○○ 2006年06月24日(土) 10時48分 ■

>>死より生きることの方が、辛いです。

>神や仏というのは、生きるのが辛いそんな世の中だから言葉や考え方だけでも良くして明るく生きようと
>万人受けするものだと思います。かつて日蓮が「南無妙法蓮華経」と唱えれば極楽へ行けるみたいな感じで
>庶民の心を助けたみたいなものだと思います。心が病んでる人にむづかしい事言っても実行できないからでしょう。
>言葉を変えれば人生が変わるなんて本が出てますがそれも同じ。そんなことにとらわれてること自体
>心が病んでるのかも知れません。


その通りだと思います。私が病気になりWMに入会し、神を信じればよくなる、深見先生が祈ってくれると言われ、天津祝詞や支部の奉仕などしてもちっとも、良くならなかった。

しまいには、薬をやめて、神事に参加すれば、救霊を受けれると励まされ、信じました。

しかし、出かけたり支部に行ったりして、人と喋るのは良かったのですが、話といえば、クズ龍の頭が、何個に増えたとか後ろの正面が誰だとか、深見先生がどれだけ素晴らしいか、証はあったのかとかでした。

始め、証は確かにありました。しかし、薬をやめた結果、発狂寸前までいき、薬を急きょ多く飲まなくてはいけませんでした。やがて、写真救霊を受けれることになり、四回受けました。神様に感謝するようにと植えつけられ、一生懸命祈りました。

結果は何も無し。金だけ取られました。結局、薬をちゃんと飲み、普通に生活してたら良くなりました。
WMもやめ、仕事の面接を受けたり、日雇いの仕事もできるようになりました。

私の経験上、苦しみや悩みは、自分がある程度心の余裕があるとき、解消されるのだなと思いました。心が絶叫してるときに、神様にすがったり、本を読んだところで何も解消されません。

体を動かし、よく食べ、遊びに行き、家事をし心を開放する。そんな ことの方が私を回復の道に向かわせました。

会員のみなさん、WMはシャブと一緒です。始めは気持ちよくて、新鮮で楽しいかもしれません。
しかし、一回はまると、骨までしゃぶられますよ。

世界連邦政府は祈ったて、やってきませんよ。それより、身近にい る人に優しくしましょう。人間関係をよくしましょう。
自分に悪いところがあるなら、治しましょう。ありがとうと言いましょう。

そんなとろから、平和が訪れるのではないでしょうか?

参考:[35054] 2006年06月24日(土) 07時12分




[35114] by.○○2006年06月26日(月) 19時26分 ■

人格障害がある場合、自殺をするといって、周囲に振り向いて欲しい、気遣って欲しい、愛して欲しいという思いを表出することが往々にしてあります。

ノーマルに自分の思いを伝える事ができないので。そして周囲はしばしばそれに振り回される事があります。

人格障害は、一般素人には(専門家もありえますが)まきこまれてしまい、適切な対応がなかなか難しいという傾向があり、精神科に入院し、適切な治療を受けるのが最もよいでしょう。

自傷がもっとも多いけど、まれに本当に自殺してしまうこともあるので。欝もあるということは特に。しかし鬱病の場合、回復期が一番自殺の可能性があるので、元気になってきたなぁと感じたらより注意ですよ。

糖尿病は一度なったら二度と治らない病気ではなく、一型はまだしも、深見氏が罹患していると思われる二型は、発見当初から意志が強く節制した生活ができれば、なんにも怖くない病気です。ただこの節制した生活ができず、三大合併症に進行する人が多いため、怖い病気と思われているだけ。糖尿病の既往歴があっても、それに関する内服やインスリン注射をせずに、食事と運動に注意し、健康に暮らしている意志の強い人もいますよ。

深見氏は今入院生活を送られているのでしょうか。BS900以上って…。
いつもいつも楯氏の勤勉さ、知識探求の姿勢には頭が下がる思いです。
真実を追究するため、そしてそれを自分の目で見極める為には、学びの心が必要だと再認識します。




[35123]真実様へ by.○○ 2006年06月27日(火) 00時19分 ■

>今日彼女が通ってる病院に電話して、理由を説明しました。
>主治医と話したのですが、あまり深刻には受け取ってもらえず、次の外来になんとかしましょう、という事になりました。
>医者としてのこちらへの対応はがっかりでした。
>ただ、わざとそう言ってるだけで、後でしらないところで動いてくれるのか?とも思いました。


あなたは彼女の肉親でも身元引受人でもキーパーソンでみないのですよね?
個人情報保護法や、プライバシー侵害の問題で、医療者はそんなにぺらぺら患者の状態や治療法について話はしませんよ。訴えられてしまいますからね。家族にだって話さない場合もあります。

精神科ではなおさら慎重に対応しているはずです。
ましてや電話での問い合わせなどでは。病院関係者の基本的態度です。いろはのいの字です。
なので、深刻に取り合ってもらえなくがっかりしたとあなたが思ったのは、見当違いなのでは?むしろ電話でぺらぺら詳しく話をしてくれたドクターがいたらびっくり仰天ですけど。

あなたは根本的なところに医療不信があるのでしょうか。なんかそんな感じをうけましたので。
確かにひどい精神科もいまだに実在することも現実ですが。




[35133]また文句いわれるかしら様へ by.○○2006年06月27日(火) 11時05分 ■

>あなたは彼女の肉親でも身元引受人でもキーパーソンでみないのですよね?
>個人情報保護法や、プライバシー侵害の問題で、医療者はそんなにぺらぺら患者の状態や治療法について話はしませんよ。訴えられてしまいますからね。家族にだって話さない場合もあります。以下略


私ががっかりしたのは、ホントに真剣だったからです。一人の大切な命が失われるかもしれないからです。
医者が私のことを調べることや、もっと聞き出す姿勢でいてくれたら、もっと多くの情報が与えられたからです。

医療不信はもっています。なにせ私の診察などは5~6分で終わってしまうのですから。そりゃ、精神病の人が、宗教に入信するのがわかります。薬だけでは、解決しない人が大勢います。

私の知り合いには、家族もいなくて、のたうち回ってる人がいます。
顔がいいため、おばさんの看護師にだまされ、同棲までしてる人がいます。

その看護師は患者を宗教に入れさせてます。やることがなくドラッグに走る人もいます。
正直言って、私が知ってる病気の人は、救われることがないでしょう。
悲しい現実です。

参考:[35123] 2006年06月27日(火) 00時19分




[35136]真実さんへ by○○2006年06月27日(火) 14時53分 ■

お気持ちはよく判ります。
しかし、医学・医療も、自然科学の一部として「発展途上」にあります。まだ判らないことも多数あり、それらを解明するために日夜努力が続けられているのです。だからこそ、自然科学には「進歩」があります。

世の中、不平・不満を言い出すとキリがありません。しかし、大昔、いや一昔前に比べても、どれほど大きな進歩と改善があったかも考えてみる必要があります。昔は、精神病者は座敷牢に閉じ込めたものでした。

一昔前には「死に至る病」であった多くの病気が、治療・治癒可能になっています。そこまでの進歩を齎してくれた先人や同時代人の労苦に感謝しつつ、現時点における最高レベルの医療を受けられることを以って満足すべきでしょう。

物事は、常に「全体的、平均値的」に、また「全人類史の観点」から考えることが必要です。
一般に、開業医の方々は超多忙ですから、短い診察時間に不満があれば、大学病院で受診されたらどうでしょうか。大学病院は、同時に研究機関ですから、「先生、簡単でいいですよ」と言いたくなるほど、時間をかけてくれます。

いずれにせよ、自分の病気については十二分な専門知識を身につけ、「医師と協力して」病気と闘う心構えが必要です。

しかし、個人情報保護法は、全国民的合意もないのにひょっこりと現れてきた異常な法律です。あちこちで問題が噴出しています。2年後に見直しがなされるはずです。人間は、本質的に共同体。独りで生存することは絶対に不可能なのですから、常に依存しあって生きています。従って「プライバシー」などあり得ず、またあってはならないものです。プライバシーの必要なのは、犯罪者だけでしょう。

「インフォームド・コンセント」という概念もおかしい。まず、何故英語を使う?「医師の説明義務」だけでよいはずです。また「患者の合意(コンセント)権」などと言ってみても、患者が医師と少なくとも同程度の専門知識を持っていない限り、医師の説明を完全に理解することは不可能で、従って有効な「合意」もありえません。

その他、セクハラや人権概念なども同様です。すべて欧米の思想の猿真似。日本の歴史、風土、そして人間の本質に根ざした、十分な思考や批判がなされていません。人間共同体を破壊しようとする、大きな思想的力が働いているように感じます。

わき道に反れましたが、要は、常に「全体的、人類史的観点」から物事を考え、現代に生きていることの幸運に感謝し、あまり深刻に考えないことです。毎日を何とか生存できることの有難さを考え、「命さえ取られなければ、他のことはどうでもよい」と開き直ってください。

なお、宗教は、教祖の精神異常から発生し、それ自体、人為的に狂気を作り出すものですから、精神病の人が宗教に頼るのは、むしろ無謀な自殺行為です。




[35586]支部の人ですが by○○ 2006年07月14日(金) 17時05分 ■

女性ですが救霊を受けてから幻聴が始まり何度受けても治らなくなったそうです。

他に体の調子がずっと悪くなってしまった人もいました。みなさん精神科に通われてます。




[37053]あるメイト会員の日々 by.○○ 2006年08月22日(火) 18時04分 ■

更新が途絶えていた、自称「環境大神」。ブログ復活のようですね。
http://blog.livedoor.jp/piro1/
http://blog.livedoor.jp/piro1/archives/23797402.html

しばらくキ病院に入院していたようですが、誇大妄想ぶりは相変わらず。
ブログのキ度といったら、師匠の深見氏のメルマガと甲乙つけがたいほどです。彼はとても幸せです。

無職で貧乏、冷暖房の設備もろくにない日当たり悪いアパートに住みながら、世界連邦政府とやらが誕生する事だけを生き甲斐に日々、作曲と文筆活動にいそしんでるようです。(現在は次期総理の総理就任時のスピーチの草案を考えているそうです)

どこかの誰かさんのように、一生童貞を守るそうですが、自分が女性に相手にされないからとは考えないようです。
それどころか、モデルやタレント級の美女でないと自分には釣り合わないと信じ込んでいるようですから、女縁がますます遠のくのも自明の理。

まあどこかの誰かと違って、自分が○男である自覚はあるようですが、何故こんなに自信過剰でいられるのか、かえって疑問です。

この哀れな自称天才、神人、芸術家、(ついでにベートベンや曹操の生まれ変わり)を嗤い、馬鹿にするのは簡単です。
しかし、彼を嗤う資格のある会員が、果たしてどれほどいるのやら。

WMに入会しても、必ずしも不幸になるわけではありません。いっその事、彼のようにイっちゃってしまえば、客観的に見ればどんなに悲惨な境遇でも、歓喜と至福の中に生きてられます。ハッキリ言って、彼ほど酷くなくても、彼のようなメンタリティの持ち主はWMにゴロゴロいるのではないでしょうか?

それから、WMの関係者の方へ。
彼をスタッフに雇ってあげればいかがですか?数日前のブログでは、彼自身、WMのスタッフになりたいと発願しておりました。裏では深見氏の悪口を言う、面従腹背の輩と違い、彼なら心身から深見氏に心酔しているようですから、他のスタッフの良き模範となるのではないかと思います。

また暑いとか寒いとか、どんな劣悪な条件でも文句ひとつ言わない忍耐強い性格らしいので(地球温暖化を防ぐため、冷暖房を使わないらしいですし)数週間に及ぶ屋外での過酷な神業も率先して参加してくれるでしょう。

人類救済を掲げているなら、まず身近のこの哀れな魂を救ってあげればいかがですか?




[37262]piro君、除籍 by.○○ 2006年08月26日(土) 16時37分 ■

しばらく更新が途絶えた間にpiro君、WMを除籍ですか?
しかし辞めたくても、すんなり辞めさせてくれなかったり、辞めた後も、しつこく再入会をせまったりする割には、彼のような方に対しては、随分、薄情なんですね。本当に愛があるのなら、本人の希望通り、復活させてあげれば?


http://blog.livedoor.jp/piro1/
今私は後悔しております。我(が)をはらずにもっとご奉仕(ワールドメイト)をしておけば良かったと・・・・・・。我があるから他人を許せないわけです。侮辱されると耐えられないわけです。早くワールドメイトの会員に復活したいです。

最近の事は残念ながら(ワールドメイトの)会員でなくなってしまったので良く分からないのですが、安部氏がすんなりと楽に総理になれる豆木とかあったわけです。




[37530]退会3年目さんはじめまして by○○ 2006年09月02日(土) 16時23分 ■

確かに携帯の番号変えと口座を閉じるのが一番なのかもしれませんが、中々そうもいかない人も多いでしょう(会社の給与の振込先になっているとか、仕事で携帯を多用しているとか、と思いまして。

ところで統合失調症の方を私も何人も見てきましたが陽性の症状(※幻覚・幻聴など)がでなくなれば社会復帰はできますからね。

F枝スタッフはエスポワールの有名人ですね、なんていう言い訳をするんだろうか。これにもマニュアルがあるはず、と疑ってしまいます。

以前深見は著書の中で精神病の人は御魂が欠けて(だったか無くなってだったか)しまっていて、御魂戻しの秘法をやると戻ってくるとか書いていた気がします。実際、神伝密教の特級にも御魂蘇生ってありますし…

ワールドメイトは嘘つきで矛盾したことを言っていて、いざという時助けてくれない。よくわかるエピソードだと思います。心の病は病院へ。自立支援医療法が適用になれば1割負担で安く診てもらえますよ。




[37548]ワタナベさんへ by.○○ 2006年09月02日(土) 23時23分 ■

>確かに携帯の番号変えと口座を閉じるのが一番なのかもしれませんが、中々そうもいかない人も多いでしょう
>(会社の給与の振込先になっているとか、仕事で携帯を多用しているとか、と思いまして。

常識のある組織なら、内容証明郵便を無視できないでしょうから、口座はそのままで大丈夫でしょうね
ワールドメイトが宗教法人でないので、生活消費センターでも、なんとかなるかもしれません。


>ところで統合失調症の方を私も何人も見てきましたが陽性の症状(※幻覚・幻聴など)がでなくなれば社会復帰はできますからね。F藤枝スタッフはエスポワールの有名人ですね、なんていう言い訳をするんだろうか。これにもマニュアルがあるはず、と疑ってしまいます。

あるはずですよ。御魂が金毛九尾に丸ごとくわれていて、救霊するとその御魂ごと救霊されて、御魂ごと天界に帰ってしまうと聞いていました。そこまで自分は酷いと思ってなかったので大ショックでした


>以前深見は著書の中で精神病の人は御魂が欠けて(だったか無くなってだったか)しまっていて、御魂戻しの
>秘法をやると戻ってくるとか書いていた気がします。実際、神伝密教の特級にも御魂蘇生ってありますし...
>ワールドメイトは嘘つきで矛盾したことを言っていて、いざという時助けてくれない。よくわかるエピソードだと
>思います。心の病は病院へ。自立支援医療法が適用になれば1割負担で安く診てもらえますよ。

自分がどうしようもなくなっていたときに、カウンセラーを紹介してくれたのは課長でした。
また、カウンセラーが診療内科医を紹介してくれました。会社の方に診療内科医が業務時間中に出向いてくれるので、行き忘れる隙もなく、徐々に回復しておりますので、ご安心ください。

参考:[37530] 2006年09月02日(土) 16時23分




[37648]目の下隈あり早引きの日 by.○○ 2006年09月05日(火) 00時07分 ■

>突然響く女性の声。(記憶がはっきりしないんで曖昧なんですけど)
>『先生は嘘をついた、言ったとおりにならなかった』
>深見は一瞬黙ったが、『無視していきましょう』と笑い話を再開した。
>再び女性の声 『結婚できるといったのにできなかった』
>深見はいらついた声で 『だれか連れ出してくれませんか』という。
>続けて、>『時々ああいうのがでるんですよね』と言った。


2002年の「オペラ聖徳太子」公演参加呼びかけのメルマガでも、似たようなことを深見氏が話しています。

『会場で 「もし、スター(異常者)が出たら、皆で取り押さえてください」

その責任は誰にあるのかの反省はないのでしょうか。

参考:[37627] 2006年09月04日(月) 16時42分




[38035]ご丁寧にどうも。 by.○○2006年09月14日(木) 19時15分 ■

>以前は私の知人がお世話になりました。
>最近ここには来ないですけどROM天使会員というハンドル名でいたものです。

いいえ。彼(彼女?)からはここの掲示板でちゃんとご挨拶をいただいておりますので。ワタナベトオルさんの知人とはね。世間は狭いですね♪


>僕は気丈に振舞ってるし、仕事もきちんとこなしてるけど、
>酒石酸ゾルピデムとエチゾラムとSSRIを飲んでます。
>薬剤師さんなら分かりますよね?(笑)

私、エチゾラムは愛用しています(笑)。飲んでるドクターも多いですよ。
飲みだした原因は、もちろんWMです。退会後に心のよりどころを失ってしまったものですから。

そうそう、老婆心ながら。マイスリーはベッドに入ってから服用して下さいね。
即効性に優れてますから、廊下やトイレで寝てしまわないように。

参考:[38024] 2006年09月14日(木) 17時45分




[38839]せいしん?きちがい? by.○○2006年09月22日(金) 00時38分■

私自身 WMで気が狂ってしまいました。幻覚。幻聴。に悩まされ。キュウレイ師になんどもきゅうれいを受け、さらにひどくなる始末。証、証、なんてことばかり気にしてるとなるんです。WMの総本部に相談すると、たらいまわしだった。WMの正体をみやぶった時、この幻聴、幻覚は消えた。

この当時は金欠で、コロッケばかり食べていた。支部にいけば何か食べるものがあるとおもい、恵んでもらっていた。栄養状態が悪かったせいもあると思う。食費を削り、玉串だしてたからだ。

WMの正体は、この掲示板にであって、わかった。馬さんのおかげである。おそらく、カンボジアの国民よりわたしの栄養状態は悪かったと思う。 先生は栄養過多で痛風ですよね。会員は、食べないで玉串だしている。 なんかおかしいですね 
スタッフは、われわれの玉串で生活し、子息は慶応幼稚園にいれたと喜んでいる。こん

参考:[38830] 2006年09月21日(木) 23時28分




[41060] by.○○ 2006年10月21日(土) 10時15分 ■

>建設的な意見を言うと、精神病(特に躁鬱病や統合失調病)が
>親戚や先祖にいた人はまずいでしょうね。
>ワールドメイト入会時に聞いておくべきでしょうね。
>霊が見えるとか、霊能者の家系なんかは要チェックでしょう。
>こういう人の方が、霊等のあやしいことに興味がある人が多いんですけど。


支部で霊能自慢をしていた人は、おばあさんが拝みやだったそうです。神や霊がよく見えてらしい。

晩年は分裂症で死ぬまで精神病院に入院してたそうです。その人もよく気が感じるとか見えるとか言ってましたよ。
こういうのも遺伝するのでしょうか?怖いなと思いました。

参考:[41020] 2006年10月20日(金) 15時43分




[41061]wmって by○○ 2006年10月21日(土) 10時25分 ■

こっくりさんみたいなものかもしれない。取り憑かれたような感じの人いましたからね。

しょっちゅう救霊ばかり受けて依存症みたいなのいましたが見てて全然効果なしでしたよ。




[41582] by.○○ 2006年10月30日(月) 20時34分 ■

>少し違うのですが、人数が多ければいろいろな人がいるわけです。
>それをワールドメイトのせいだから、上記だと
>みすず学園だからという、結び付けに疑問を感じてます。
>数字に根拠はないですが、1000人いたら、一人二人は体調を崩す人もいるでしょう。
>もっといるかもしれません。それは、みすず学園に限ったことではないでしょう。
>それを、さもみすず学園に問題があるというような表現に疑問を感じるということです。


まあでも、ワールドメイトの証だって同じこと。親から貰えないと思っていた財産が貰えたのが、証でも1000人に2~3人でしょう。

でも、統合失調と瑞兆は本を読むごとに関係性を感じます。人というのは、元々、脳のネットワークに自分と関係のない出来事と自分に関係のある出来事を区別して認識できるのです。

これがくずれ、自分に関係のある出来事と自分に関係の無い出来事が判断できない状態は、統合失調といえます。
脅迫感を持つと本当に精神科に見てもらわなければいけなくなります。

瑞兆という、世界の些細なニュースを自分の生活に結びつける行為は(例えば「遠足が晴れたのは、子供たちの心がけがよかったから」など)日本の慣習の一つかと思いますが、自ら進んで統合失調の道を歩んでいるのに他なりません。
(というか、今思えば、星ツアーで色や物が見えること自体がヤバいと思います。)

参考:[41575] 2006年10月30日(月) 20時14分




[41790]ナビさん 力がでてきました by.○○ 2006年11月01日(水) 13時10分 ■

精神科に通院してます。WMでキュウレイシまで活動させられて、うらぎられ、精神病みました。私は離婚しております。主人の意見が正しかった。

WMはおかしいと見抜いてわたしを説得しやめさるように、努力しておりましたが、私はとうとうWMを選択してしまった。
わたしは いま下流です。ナビさんのように生活を再建します。




[41929]とろさんへ by.○○ 2006年11月02日(木) 09時22分 ■

>精神科に通院してます。WMでキュウレイシまで活動させられて、うらぎられ、精神病みました。

救霊師や他の資格を持つと目に見えないものが見えたり聞こえたりして脳に異常が出るみたいですね。
すぐにその時点で病院に行けばいいのに、ほとんどの人が霊感があると錯覚に陥ってしまうようです。

そのまま放置して手遅れになり入院した人もいました。
私は医者じゃないから詳しい原因はわかりませんが、そんな状態になった人を見ると、不規則な生活で慢性の睡眠不足
と食生活の乱れがみんなありました。昼食にカロリーメイトとか夜に菓子パンと栄養が全然取れていない状態でした。

主婦の救霊師はこき使われると聞いてます。不眠になって酒飲まないと眠れない主婦もいました。
そんな生活を送っている上に、毎日過酷に追いまくられていると誰でも精神やられて当然だと思います。

原因がわかっていたらそれを改善して、規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心掛けてると良くなってくるのではないかと思います。精神の病気は医者任せだけでは良くならないみたい。やはり日常の食生活と規則正しいストレスを溜めない生活を送ってる人ほど良くなってる人多いみたいです。

続きます

参考:[41790] 2006年11月01日(水) 13時10分




[42648]勝手にレスしてごめんね by.○○ 2006年11月10日(金) 17時47分 ■

>一生「セレネース」という薬を飲み続けなければならいのは、どうかと
>自分でも思っていますが、確実に活動中より精神面、肉体面でも好調です。

セレネースレベルだと少し時間がかかるかもしれませんが、段々と飲み忘れが多くなって、そのうち要らなくなりますよ。だって原因がカ○トだったんだもん。私の場合、退会直後に受診して「うつ」と診断されましたが、SSRI⇒デパス3錠/day⇒デパス1錠眠前⇒焼酎のロック(笑) 大丈夫大丈夫。


>会員の皆さんは、とりあえず、救霊をしなくても、たっぷり寝れば、疲れも
>肩こりも体のだるさも取れることを知ってもらたいたいです。

だいたい「霊を救う」ことなんか、できませんって。常識で考えれば、わかることです。
世界連邦政府なんて寝ぼけたことを言ってるやつが・・・。

横レスすみませんでした。

参考:[42634] 2006年11月10日(金) 17時16分




[44348]ん~、旦那には本渡したけど、会社や再就職のときは隠すようかも。 by.○○2006年12月02日(土) 20時41分 ■

引用一部略
>大丈夫ですか?、そこまで暴露してしまって。引用してしまう私も私ですけど・・・(笑)。
>心中お察しします。現会員さんへの強烈なメッセージになるでしょう。

ちなみに、

「セレネース」「コントミン」は統合失調の薬のようです。
「ロラメット」「ハルシオン」は睡眠導入剤のようです。
「レキソタン2」はイライラがとまる薬のようです。
「トリプタノール」は欝の薬らしいです。

全部一度には飲んでません。統合失調を話して、絶交された友達もいれば、「私は気にしない」言ってくれた友達もいました。(メールを読んで、涙が出ました。)旦那も離婚は考えていないと思います。

ただ、会社とか再就職のときには隠す必要があるでしょうね。
就職難ですから。


>>これからもっともっと減らす努力をしなければいけないんですよね。
>自分で判断せず、かかりつけのドクターによく相談なさってからにしてください。
>私も立ち直ったんだから絶対大丈夫ですよ。

そうなんですよね、統合失調の人は薬を飲みながら子供を産めという人もいるみたいですね。

とりあえず、今のワールドメイトの会員は、利き酒秘法の神様仏様当てとか、星ツアーとか、チャクラ開けとか何も見えなくても「そっちの方が健康的なんだ」と思うことだと思うことだと思います。

参考:[44301] 2006年12月02日(土) 09時39分




[47148] 体調すぐれず by.○○ 2007年01月06日(土) 17時09分 ■

精神科の医師がいうには、すべての過去を否定しなさいとアドバイスされました。
当然過去は否定してるはずなんですが、医者がいうには、思考回路にまだ、WMにつな がる何かがあるといわれ、私はまだWMの呪縛の中にいるのかと愕然としてます。

WMには本当に大金を使いました。そして時間もです。家族の団欒も無視して、夫に感 謝もせず。朝から夜まで、支部のご奉仕 電話かけもただ当たり前のようにしてまし た。

当然の如く会社から退社をすすめられ、家計も火の車でした。それでもお取次ぎはし て、エンゼルの不平不満を聞き、会員の中で、お玉串がないといえば、なんとかお金 を融通してあげ、さらに、消費者金融まで、あとはご想像におまかせします。』




50818]もうやめて退会しましょう by.○○2007年02月12日(月) 17時28分 ■

現会員のみなさん、退会するのは今です

私の友人で去年一緒に退会した方がノイローゼに陥っています
私は会員歴が短かったのですがその方は8年以上も神業にいそしんできました
セロテ~プさんがいわれていたように悪いのはすべて自分だと攻め続け、気が狂いそうになっています

ここまで仕向けたワールドメイトに神が降りているでしょうか?




[50838]統合失調体験者 by.○○ 2007年02月13日(火) 14時07分 ■

>>信仰は、現実界からの遊離、即ち狂気を発生させる恐れが大きいことを、常に自覚する必要があります。
>>創唱宗教の開祖は、程度の差はあれ、すべて精神障害者であるという「事実」からも、このことは明らかです。
>>精神病は伝染します(感応精神病)。

>深見氏も精神障害なのでしょうか。
>最近のメルマガを見ると、そう感じることも当然と思えます。
>何十年も精神障害のまま、神の世界に浸れっていたのでしょうか。
>しかし精神に障害を持ったまま、金銭を集める感覚が保有できるのでしょうか。


私の体験で言うと、ダウン症なんかの人とまったく違い、後天的に統合失調ななった場合、普通の仕事はできます。

ただ、「北朝鮮がせめてくる~!!」などの強い心理圧迫を持ったまま、仕事をすることになるので、仕事の能率とか、仕事への感情移入をするまでの時間などは若干落ちると思います。

仕事に集中すればするほど、妄想などは減りますから、普通に仕事ができるようになります。
発病までの仕事の取り組み方がしっかりしている人の方が、発病しても幻想、幻聴、妄想にまどわされないと思います。
(私も、幻想は幻想、現実は現実となんとなくその一線の区別はついたので、理性で判断ができました。

理性の強い統合失調者は事業が出来るかもしれませんが、お金が儲かるかはなぞです。
成功することもあれば、失敗もするでしょう。)

マラソンをしていると体内にモルヒネが発生することはよく知られています。
ランナーズハイですよね。
お祈りを一時間二時間しているときもこんな状態のような気がします。
研究の余地があると思います。

統合失調は「強度の脅迫観念を抱く」というのも症状の一つです。
誰かが他人に「強度の脅迫観念を抱かせる」ということを強いれば、統合失調者が大量に発生すると思います。

参考:[50837] 2007年02月13日(火) 13時11分




[50846]現実との隔離は危険です by○○ 2007年02月13日(火) 15時03分 ■

ゲーム脳というものがありまして、

仮想世界に長く接していると現実との見分けができなくなります
神秘体験も同じで瞑想や禅を行う際には切り替えができることがもとめられます

そういう世界をきちんと師匠についてやっている正統な人たちでは常識です

神秘体験を現実世界にまで引きずると精神面に問題がでるのは当たり前なんですが・・・

そういえばフカミンはサニワをおいていませんね・・




[51070]黄14さんへ by.○○2007年02月16日(金) 16時59分 ■

>しかし祈祷会で受けた衝撃は一体なんだったのだろう。
>涙が自然にあふれ出たときは驚いた。
>自分の意思と無関係に涙が止め処も無くあふれ出てきた。
>体が熱くてたまらなくなったことは何度もある。
>これらは本当になんだったのだろうか。
>妄信が解けても心の動揺は収まらない。


精神医学で容易に解明できる心理現象です。宗教による行動や暗示で、脳内麻薬の分泌が高まるからです。
脳内神経伝達「物質」の異常です。

麻薬を飲んでも、同じような症状が生じます。宗教とは、「人為的に精神障害を発生させる」という、実は恐ろしい営みなのです。「神様」や「人格の修養」などとは一切関係ありません。そもそも「神様」は、知覚できませんから、人間にとって「実在」ではなく、あくまで「空想の産物」であり、「人間」の認識と思考の「対象外」なのです。

麻薬は、一時的には「いい気持ち」になりますが、連用すれば依存性を生じ、結局は精神と身体の荒廃を招きます。麻薬や宗教には、絶対に手を出さないこと、万一嵌った場合には、その恐ろしい結果を自覚して、一刻も早く離脱するために、全力を傾注ことが必要です。

参考:[51065] 2007年02月16日(金) 13時00分




[52216]ありがとう。 by○○2007年03月02日(金) 02時37分 ■

めでたく退院できました。精神科の医師より、退院のお言葉をいただきました。

アラブ民族の格言

一回あなたをだました男は、百回だます。アラブ
断食して祈れ。そうすればきっとよくないことが起こる。レバノン

わたしは、この格言、イスラムにありがとうといいたい。




[52236]○○さん、退院おめでとうございます。 by○○ 2007年03月02日(金) 16時50分 ■

○○さん
退院、おめでとうございます。
もっと安心することができれば、回復すると思いますよ。今の私がそうですから。

旦那に、統合失調だったこと、ワールドメイトに所属していたことも全て話しました。
(旦那はお金にうるさいタチなので、お金がかかる宗教は否定しています。)
統合失調者が多いのは、精神科医専用の精神科医がいる理屈と同じだと思いました。
おととい、精神科医が狂って、患者を殴ったというニュースがありましたし。

ワールドメイトはメルマガは被害妄想が炸裂していますし、幻聴、幻覚を肯定する話が多すぎます。
あんな話を洗脳で信じ込まされたら、統合失調者が増えるのはあたりまえだと思います。

私も前回のカウンセリングから、ワールドメイトと統合失調の関連性を探すために、医者にワールドメイト時代の話をするようになりました。

今までは会社とかかわりがある医者だったので、隠していたのですが…。
私の報告が、何か精神医学界に何かのプラスの情報になればいいのですが。




[53460]会員は鬱などの精神の病になっている人が多い by.○○ 2007年03月26日(月) 23時16分 ■

会員になると鬱になる人が多い
しかし、欝になっているという自覚はない
入会当初は明るく元気な人でも、会員年数を重ねていくと暗くなる人が多い。
その原因として、会員年数が増すと自然に救例(救霊)や祈祷絵(祈祷会)を受ける回数が増えるので、心身はきれい(浄化)になるが、逆にマイナス要因の浮遊霊や生霊の影響をもろに受けるから、つらくなるのだと説明を受けた。

実際 ・突然泣きたくなる ・身体が常時重く感じる  ・息苦しい 
    ・眠れない  ・イライラする ・感情が沈んだまま沸き立つことがない
    ・得体の知れない不安がつきまとう    など等

救例師(救霊師)や会員・スタッフなど、状態を相談すると「それは生霊にやられている」とか
「浮遊霊がついていると死にたくなったり悲しくなったりする」から救霊を受けろと言われる。

しかし、実際に上記の症状は、規則正しい生活ができない(充分な睡眠・休養をとらない、バランスのとれた食事をしない等)と、結果、自律神経がおかしくなり、生じるものである。

救例(救霊)をうけても、身体がおかしくなっているので、状態は改善されない。
テンセン生霊封じをかいても、結局は肉体である神経がまいっているので、効果はない。

心身ともに元気になったらわかる。効果があるように感じるのは、それだけマイコンが強い証拠である。
救例(救霊)や祈祷などは、マイコンが強い人ほどありがたがるものである。
それを利用すれば、宗教ビジネスは成立する。


精神に異常をきたす会員(2)に続く


戻る.