HOMEへ
ワールドメイトの資料 (ワールドメイトの実態)
サイト マップ 
since 2009


国内不動産


宗教団体ワールドメイト(WorldMate)(旧名称名コスモメイトほか)の関連会社(株)日本視聴覚社vs 荻窪税務署長裁判の 第一審判決文に出ている、下記の国内不動産は、平成21年(2009年 )3月25日に(株)日本視聴覚社からワールドメイトの教祖旧名深見青山(Seizan Fukami)→深見東州(Toshu Fukami )、またの名を戸渡阿見(ととあみ)、レオナルドTOSHU こと半田晴久(Haruhisa Handa)氏に所有権移転登記されている。(その他「海外不動産」「関連会社」参照のこと)

・静岡県田方郡大仁町立花3-167,168

この他に深見東州こと半田晴久名義で所有権移転登記されたものは以下の物件。

・ 鹿島海原びらき神事の会場となっている神栖市の物件 - 平成19年(2007年)3月2日、有限会社神明開発産業 → 半田晴久

・ 伊勢神事等で使用されている志摩市磯部町山田の不動産 - 平成19年(2007年)3月19日
2009年には、くり抜いた山をさらに改造して大がかりな工事をやっている。

・ 静岡県田方郡大仁町立花3-162の栂村繁郎(平成21年(2009年)5月20日亡)名義の不動産 - 平成19年12月5日

・ 杉並区西荻南4丁目3-2に所在する故栂村繁郎名義の不動産  - 平成19年12月10日
・   
・ 2008年10月琵琶湖神事として使用された滋賀県大津市北小松梅ノ畔のワールドメイトの社 - 平成20年(2008年)3月31日京都産業大学→(有)三友住建→半田晴久

この新しくできた神社には、浅間神社、白山神社、九頭龍神社、箱根神社が遷座。

(参考までに、2007年10月15日の宗教団体ワールドメイトのメルマガで教祖深見東州こと半田晴久氏は、箱根神社周辺に600体の浮遊霊がおり、自殺霊や事故死、病死の浮遊霊が皆にくっついていた。神事会場の救霊師が救霊してくれたが、具合が良くない人は、まだ残ってる可能性があるので、救霊を受けた方がいい、浜田宮司の退官記念救霊だと話している。このとき、浜田宮司と深見東州氏の間で何らかの話し合いがなされた可能性あり。メルマガの表題に「色々ありまして…」と書かれている。)

 ・ 杉並区西荻南4丁目の(株)日本視聴覚社名義の不動産  -  平成21年(2009年)3月25日

以上、ワールドメイトの不動産は、恐らく全て、深見東州こと半田晴久名義に変更されたと思われる。

任意団体ではあっても、宗教行為として無税扱いになった現在、現状のままの方が、半田晴久氏にとっては好都合なのか。しかし、対外的には、宗教法人の資格は是非とも取っておきたいところであろう。

(注:平成24年(2012年)9月14日、ワールドメイトは宗教法人として成立登記された)
(参照:「ワールドメイト」) 

~~~~~~~~~~~~~~
上記、半田晴久名義の不動産は、伊豆の国市立花3丁目162が平成26年11月14日に、その他が平成27年1月22日にワールドメイトに移転登記された


~~~~~~~~~~~~~~
上記不動産のほかに、深見東州こと半田晴久氏が大株主の下記不動産が購入され、ワールドメイト関連NPO法人他関連会社に賃貸、多額の家賃収入を得ている。(参照: 「会社」)
↓ ↓
菱研ビル(菱法律経済政治研究所  平成17年(2005年)7月29日所有権移転登記
たちばな出版ビル  平成17年(2005年)9月30日所有権移転登記
ミスズビル  平成20年(2008年)6月30日所有権移転登記


戻る.