HOMEへ
サイト マップ 
ワールドメイトの資料 (ワールドメイトの実態)

since 2009


祈誓文(キセイ文)とクーリングオフ



2002年8月26日付宗教団体ワールドメイト(WorldMate)の 「事情説明書 」によれば、

寄付される方には必ず、「祈誓文」にご記入いただき、宣言をしていただいています。これは、すべての寄付が、物品の販売等とは違う、対価代償を求めざる宗教的な「寄進」であることを、毎回心新たに誓っていただくためです。』と書いている。 最近では、

祈誓文は必ず音読して下さい。神霊に感応しやすくなるので、神徳が三倍高まります。』 などと、音読することで、神徳が何倍も高まるかのように誘導している(2010年節分氷見神事の案内ほか。

秘法申込のキャンセルや、返金については、過去にも会員との間で問題となったようで、平成元年(1989年)5月4日の幹部「ミーティング」でワールドメイトの教祖深見青山→深見東州(Toshu Fukami)、またの名を戸渡阿見(ととあみ)(本名半田晴久(Haruhisa Handa)氏は、

定例セミナーも含めて、開催間際の申込みの取り消しは、一旦入金したら返金しませんとの一文を入れておけば防げるとの趣旨の発言をしている。当時の取り消しが、20日間で1170万円、1日平均23万円の返金申込みがあることに触れ、「ほら、見なさい。一文忘れると、1000万の損だから。やるのは同じだもんな。いっぺんにやるんだから。これだけが、ざるで抜けてるようなもんでしょう」と話している。

また、同年11月7日には、「グッズにしてもクーリングオフで不審の場合は、2週間以内なら返金しますとということで活字にいつも残す努力をしている。裁判になって、その資料を見たら裁判長がどう考えるかまで考えて活字には気をつけている」と言っている。

ワールドメイトのパンフに載せている「クーリングオフ」の案内文は、非常に小さな文字で書かれているが、以下のような文を載せている。

『一度納めていただいた寄付についても、「寄付御玉串返却期間」(2週間)を設けています。これは、万一寄付された後で、何らかの不信感を持ったり、気が変わったりされた方のために、寄付金をお返しする制度です。無論、どのような神社仏閣においても、いったん神仏に寄付された浄財を、ご祈祷後に、「気が変わったから返してくれ」などということは、本来有り得ないことです。しかし私たちは、本当に純粋で心のこもった浄財だけを納めて頂くべく、この制度を取っているものです。』

また、その他のパンフには、祈祷会や秘鍵開示会・神法悟得会等を受けた人で、何らかの不信感や疑念を感じた人は、祭事後14日間以内に所定の申請用紙に記入のうえ、本部に送れば、理由等を審査して、正当な理由があればお金を返却すると言っている。

しかし、過去の「お彼岸の大救霊」の祈誓文の中には以下のような内容が書かれている。

  ↓ ↓ ↓
・ 親戚縁者の御霊達の犯した罪
・ 御親らの罪により、今日まで恨み呪っている御霊たち
・ 変死・事故死・病死・溺死・自殺・早世して帰るはずの霊界にまだ帰れず苦しんでいる御霊達
・ 我が御魂に付いて、浮遊の霊となってさまよえる全てのもろもろの霊たち
・ 今日まで知らず知らずのうちに犯した罪

上記のように、会員を畏怖させ罪人に仕立てることにより、会員はその霊たちや、自身または親戚縁者の罪に対して許しを請い、会員番号と自身の名前を書き、ワールドメイトに供養料を払うわけである

マイコン(マインドコントロール)された会員が返金請求できるのは、クーリングオフ期間ではなく、彼らが完全に目が覚めた時でなければ困難と思われる。



以下は、リンク総合法律事務所内に設置されていた、旧「ワールドメイトに関する議論掲示板」から。

  
[20026]祈誓文ねえ by.○○ 2004年01月21日(水) 22時04分 ■

>(1)寄付される方には必ず、「祈誓文」にご記入いただき、宣言をしていただいています
>>これって返金請求の時にWM側が証拠用として使うはず。


祈誓文って、未来永劫ずっと保存されているのでしょうか?
たとえば、お焚き上げの時に一緒に燃やしたりしないんですかね。

ただ、あの文章を細かく読むと、誓っている相手は神様ですから、デンパ系になって「今、神様がやっぱり返金するとおっしゃっている。だから返しなさい」と言った場合、団体サイドはどのような抗弁ができるのかな~?? という興味があります。

また、神様に誓ったからといって、自動的に団体がお金の使用ができるわけではなく、団体として承諾の意思表示が必要になるはずです。これは、どのタイミングで行われているのでしょうか。

更に、このお金の所有権は、あくまでも神様にあるはずなので、団体が使用できるのは、あくまでも「神の道弘めゆく」という目的に叶っている場合のみで目的外使用は許されていません。

元会員を訴えることや海外の芸術家のパトロンになることって、この目的に合っているのでしょうかね。

参考:[20022] 2004年01月21日(水) 19時23分




[23652]S.Tさんへ by.○○ 2004年07月13日(火) 00時02分 ■

>植松先生が退会されたというのは本当なんでしょうか?」
>ワールドメイトの祈祷のお玉串を払う時に祈誓文という書類に名前を書き>名前の下に誠と書きますが、
>植松愛子先生と深見先生宛てです。


非会員でも(神徳)祈祷会は申し込むことができるのはおっしゃるとおりです。その際には、祈誓文を提出します。

しかしながら、祈誓文には、深見、植松両氏の名前は記載されていません。

ところが、会員限定で、機密性が高い神法悟得会や秘鍵開示会では、誓約書を提出します。この中には、おっしゃるとおり両氏に対して誓約します。

この誓約書は、会場で配布され、会場で回収されます。事前に郵送されることはないと記憶しています。

非会員であるS.Tさんがなぜご存知なのか不思議です。私の記憶間違いなのでしょうか。




[24040]トラブルの起きない「5つの方式」だって・・・(≧m≦)ぷっ! by ○○ 2004年07月30日(金) 09時31分 ■

 ご存じの通りワールドメイトでは、いかなる金銭トラブルや誤解も生じないよう、以下の姿勢を貫いて、神仏と皆様に礼を尽くさせていただいております。

(1)寄付される方には必ず、「祈誓文」にご記入いただき、宣言をしていただいています。これは、すべての寄付が、物品の販売等とは違う、対価代償を求めることがない、宗教的な真心から出た「寄進」であることを、毎回心新たに誓っていただくためです。


これは 万が一効果に納得できなくても テメエがこの書類にサインして払ったんだろうが!って言う為ですよね?

(2)また、一度納めていただいた寄付についても、「寄付御玉串返却期間」(2週間)を設けています。これは、万一寄付された後で、何らかの不信感を持ったり、気が変わったりされた方のために、寄付金をお返しする制度です。
 無論、どのような神社仏閣においても、いったん神仏に寄付された浄財を、ご祈祷後に、「気が変わったから返してくれ」などということは、本来有り得ないことと考えるべきでしょう。しかし私たちは、本当に純粋で心のこもった浄財だけを納めて頂くべく、この制度を取っているものです。


本来の”神社仏閣”とは 法人格を持ち 世間に認められている団体の事でしょ?気持ちだけ”神社仏閣”なのは判るけど それだったらおいらだって言えるぜ?世間に認められているか否かで 何と比較するかの定義も変わるんではな
いですか?法人格も取得していないのに”神社仏閣”を持ち出しちゃいけませんよ。格も違えば世間体も全く違うんですから。同じレベル語ること自体が詐欺ですよ。

(3)さらに、あらぬ疑いや金銭問題が起きないよう、原則として十万円以上の高額な寄付は、お断りする姿勢を貫いています。


原則として・・・書くこと自体が間違ってるんじゃない?
原則があれば 例外も存在するわけで 今回は例外ですと言う言い訳を最初から用意してると思われちゃいますよ。

(4)ワールドメイトは平成5年より、信頼ある監査法人に厳正なる会計監査を依頼し、その結果を会員の皆様に公開・郵送し、ガラス張りの経理を心掛けています。日本の宗教団体で、このように自発的に決算報告や経理状況を信者に公開している団体は、極めて珍しいのではないでしょうか。

(5)そして何より、ワールドメイトは、「来る者拒まず、去る者追わず」の精神を心掛けており、入会を強制したり、退会を妨害したりすることがありません 。 無論、寄付を強要したり、ノルマを設けたりするようなことも一切ありません
。 宗教的な寄付とは自発的な行為によるべきであり、そこに込められた真 心を神仏が受け取られるもので、寄付の強制などは神仏が許さぬところである旨、常に会員の皆様にお伝えしている通りです。


”信頼ある監査法人に厳正なる会計監査を依頼”って何処の誰ですか?それに ”宗教的な寄付とは自発的な行為”と有りますが 自発を促すよう なメルマとかは配信していないのですか?

人間 根負けして払ってしまう人もいるんですよ。しつこく 要求されたら 仕方が無い 今回だけ・・・と思う人も沢山いたでしょうに。おいらは メルマガを読ませていただいていますが 強制が無いに関しては強い疑問を持っていますがね。

最後に”いかなる金銭トラブルや誤解も生じないよう”についてトラブルや誤解を生じないよう・・・ですか?では おいらへ行った行為に対する弁論を聞きたいですね。会員さんには誤解を生じさせないようにしているが外部の人間には どうでもいいんですか?

祭祀部運営課の青○くんの証言を元にすれば メールをも検閲しているようですが、それは犯罪行為と認識していますか?それとも 青○君がおいらへ嘘をついたのかな?それなら 誤解を・・・云々と言うあなたたちの趣旨とはかけ離れていますよね?

どう説明できますか?きちんと説明してみてくださいな。

会員さんへ。
この問いかけに対しWM側が一切の説明をしない=事実なんですよ。
こういう団体と認識を持ち 早急に退会しましょう。略




[27607]強制だけ? by○○ 2005年01月23日(日) 00時02分 ■

>「強制は一切ありません」

強制以外のものはあるかも知れない、とも解せられますね。


>法律上問題がなければそれでいいのは一般人の場合である。

不法行為でなくても、不当利得は一考の余地があるように思います。
キセイ文で約束した相手(契約当事者)は神様であって宗教団体ではないですし、宗教団体が、寄付(お金)を受け取るという意思を表示しているのかがハッキリしていない場合、まだ契約が成立していないとも考えられるように思いますが。

参考:[27582] 2005年01月22日(土) 09時07分




[30327]馬様へ by.○○2005年10月27日(木) 20時13分 ■

いろいろと情報をありがとうございます。
出来れば内容によってはメールで情報交換したいのですが、現時点で私もここではアドレスを公開していません。
馬様のお考えも有るかと思いますので、如何でしょうか?正直まだ狐に鼻をつままれたような気もしないわけではありません。

私の友人救霊師ですが、「宗教やってて金持ちになるわけ無いよ! 」彼は本当にそう思っているようです。

ところで、どなたか先日の神事で「諏訪のお下がり龍神」を申し込んで早速証しがありました、という方、いらっしゃいませんでしょうか?

実は私はレスキューで申し込んでいるのですが、現実的にお玉ぐしの奉納期限が迫ってもどうにも資金繰りがつかないので、キャンセ ルを申し出ました。・・・しかし、「龍神様は申し込みした時点から動かれて居るはずなので、もっともっと前向きにお祈りして下さい」と説得されてしまいました。

奉納済みのお玉ぐしでさへも、「万が一、疑問が生じた際には一定のクーリングオフ期間を設け、その期日以内であればお返しします」と書かれているはずなのに、方針が変わったのでしょうか。

どなたか内部事情をご存知の方、いらっしゃいませんか?




[45028]お金を振り込んではいませんか? by.○○ 2006年12月13日(水) 19時48分 ■

カタシロ という口座に振り込んではいませんか?お金は自分のために使いましょうね。

WMはクーリングオフ制度もあるらしいから もし、しまったと思ったらすぐキャンセルしてくださいね。




[45068]クーリングオフ by○○2006年12月13日(水) 23時07分 ■

>WMはクーリングオフ制度もあるらしいからもし、しまったと思ったらすぐキャンセルしてくださいね。


パンフに載せている「クーリングオフ」の文章の、とびきり小さな文字を見ただけで、あれはワールドメイトの誠意から出たものではなく、形だけの法逃れのために作られたものだと分かります。

返金請求しても、効果はもっと後から出ると言われて待っているうちに、クーリングオフ期間は既に過ぎていたというのがおちです。


平成元年のミーテイングで(秘法のキャンセルにかかる返金について)、

氏名不詳人物が、定例セミナーも含めて、開催間際の申し込み取り消しは、一旦入金したら返金しませんとの一文を入れておけば防げるとの趣旨の発言をし、一日で約23万円の返金があるとの発言の後、

深見氏が、「ほら見なさい。一文忘れると、1000万の損だから。やるのは同じだもんな。いっぺんにやるんだから。これだけがザルで抜けてるようなもんでしょう」と言っています。(国税押収テープ反訳)


簡単に返金してくれると思ったら大間違いです。
とにかくお金は出さないこと。傍観者さんの言ってるように献金と効果に因果関係はないのですから(w

参考:[45028] 2006年12月13日(水) 19時48分




[45800]祈誓文 by○○ 2006年12月20日(水) 02時01分 ■

ついでに、「5つの方式」の(1)の祈誓文っての。

これって、要は対価代償は求めませんっていう誓約書を書かせてるだけですよね。真心からの寄進であることを心新たに誓うなんてのも詭弁で、単に受け取る側に有利な一筆を残しておきたいだけ。
そんなものを書かないと意識できない真心なんて価値ないんじゃないですかね。と思います。

それに寄付の強要やノルマはないなんて事が書いてありますが、以前に○○姫が言ったという名目で最低ランクの階が認められなかったようなことがあったと思うんですが。探せば資料は出てきそうなんですが、どなたか憶えてませんかね。

それと、エンゼルのやっている潮干狩り、あれってノルマのメール流れてましたよw




[55632]「祈誓文」 by.○○ 2007年05月30日(水) 12時25分 ■

Hi there
まずはこちらをご覧くださいませ
http://www,worldmate.or.jp/faq/answer04.html
or
http://www.worldmate.or.jp/

(1)寄付される方には必ず「祈誓文」にご記入いただいています。
すべての寄付が物品販売などとは違う対価、、、とありますの

ふ~む物品うんぬん、、ということは人形用紙は物品ではない? おかしなことをおしゃいますのね
その表現をもうしたいのであれば人形用代は一切受け取りを拒否されませよ

寄付される方には必ず「祈誓文」を、現物がないかぎり,,文章でいうだけでは裸の王さまのお洋服と同じですけど
まあ一歩譲って考えると、あげた受け取ってないという問題はありえますけど

その場合わざわざ祈誓文などと宗教そのものの表現ではなく単なる領収書たぐいでもよろしいでしょ、それを貴団体では宗教ではないと申しながら,祈りとはどなたに向かっての祈りなんでしょ?

寄付は強制的ではないを強調する割には科学的証明の無いその用氏を持ち出してご説明しても、、
な~んの説得力はないですね
それともご寄付された方のみが現物を拝見できる用紙なのですか?

となれば強制的ではないと申しながらご寄付をお考えになりそうな雰囲気にもっていかれるのは,,
不自然ですけどね。強制的でないのであれば、万人にもその用紙をあらかじめ見ていただくのが先
物品=寄付なる霊感商法系をかなり意識しているのがわかりますね。

領収書にせずわざわざ祈りなどという文章でご寄付をされたかたには祈っていただかないと,,
確実に返してといわれそうなんですかね?

となれば寄付は個人の意思のもとではなく毎日お祈りをさせられて,,
返してなどとは言わせないような雰囲気に導いているのと同じですけど、、

その次も矛盾点だらけ、





[55633]被害者は確かに居た~(><) by.○○ 2007年05月30日(水) 16時59分 ■

Hi guys
well
寄付金ひとつにしてもいろんな理由をこねて絶対に諦めない精神
(><) 本来寄付する側の意志が優先
たとえまじかで「やっぱり」と申した方がいたとしても、、「では次回に、、」とすばやく諦められるもの

カルト宗教ではないと申しながら他人さまの資産に一度いきついたら死んでも
あきらめない体制は,危ない系宗教の特徴ですのよ

飾りつけた文章も正○やわたくしが見たらそこにあるのは矛盾点だらけ
「祈誓文」(><)

一度寄付するお気持ちになった信者のお心変りに異常な執念で、、
お気が変らないことを承諾させるようなもの、ものはいいようですこと
お心変りした寄付者が存在したら?
カルトでもなんでもない宗教であれば ましょうがないでしょ
それが今のその方のお気持ちだからとわたくしが行く教会ではお箱が回ってきますけど、
その日は寄付したい気分ではなければお箱はお隣へ、、そこで牧師さまや教会関係者が祈誓文なる用紙を差し出して
気が変らないように祈りなさいなんていうわけもなく

つまり貴団体では寄付者の意志尊重ではなくなにがなんでも寄付するお気持ちが1回でもあれば
貴団体にだけ都合の良い用紙を差出、、祈りなさいって、なにそれ気分ですわよ

カルト宗教じゃないですよね?だったらそんな用紙があるほうが、人様の資産なんですから
その方のお気持ちを優先させるのが筋
ハ○○ナじゃあるまいし、一度狙った獲物は逃がさないと申しているのと同じですわよ

こちらの文章を作成された方はご自分の矛盾点にもお気が付きになれず、
団体として寄付者にもこれなら納得するだろうとなんの疑問も感じなかったんですかね。

用は人様のお気持ちより団体の身が裕福になるような都合の良い
強制的ではないと申しながら十分強制的範囲の寄付金体制ですわよ

その下の文章も1行目から矛盾点満開
恥ずかしくて聞いてられないほどの貴団体専用,信者のことなどお金のなる木にしかみてない文章がとめでもなく続き
だから被害者もご登場するのが解り過ぎ

被害者は居ないんですよね?でも被害者お立場を貴団体の文章で自ら公にしているじゃないですか?
「寄付」の本当の意味ご理解できますか?




[55636]トラブルの起きない5つの方式 by.○○ 2007年05月31日(木) 13時20分 ■

Hi guys
well
●カルト宗教ではない
●霊感商法ではない
●寄付は強請ではない
●被害者は居ない

と思いたいようですけどすでに全部当てはまらず

(><)
霊感商法については明白な事実が
お目め見えない非科学的な存在を持ち出して「救霊」
そのお代は?

その除霊で必ず信者が救われるという見えない「結果」が最初から解っているのであれば,
結果を見てからあと払いでも可能、そうはせず最初に、、
これが霊感商法でなくしてなにに値すますの?

非科学的な根拠の無い霊存在で信者のお気持ちをかき乱す、
これは立派な「被害者立場」ですわよ

(><)
「祈誓文」寄付とは信者の意志が優先
信者の意志が変るかもしれないと思うのならなお更こんな用紙は不必要
信者の意志にお任せできないで何をご期待申しているのかしら?

カルト宗教ではない宗教では寄付はあくまでも信者の意志のもと
したくない信者がいたら次回はどうでしょうか? 程度で通りすぎれるというもの

それを強制的ではないなんてもっともらしいことを言いながら、よくそんな次元の用紙がご用意できますこと
自己中目線も甚だしい

強制ではない?あきらかに強制寄付体制を貫き他の方はそんな誘導で従わせても
正○やわたくしにはそんな次元通用しませんわよ

見ていて恥ずかしくなる位自己中目線のそのあさましい(2)祈誓文 そしてその(3)でもさらに、、
強制的寄付体制と、、貴団体自身で明るみにされてますけど

くづつ




[55642]摩訶不思議な寄付金の方式 by.○○ 2007年06月01日(金) 00時54分 ■

Hi guys
let's see
「祈誓文」なる本来不必要な用紙がご登場したり、その文章の下にある
(3)一部引用

「またお納めいただいた、、寄付玉串返還(1ヶ月)を設けています,,,
これは万が一寄付された後で何か不信感を持ったり気が変ったりした方のために
寄付金をお返しする制度です私たちは本当に,,,
浄財だけを納めていただく制度です」

well
日本の皆さまはこの文章のどこに矛盾点があるかわかりますか?
(2)では祈誓文として、寄付の心変りをしないために祈りなさいと、
<><>
歌いながら
今度は、本心からの寄付しか受け取れないとどこまでお金に拘るのが見てとれますけど
ここでも飾り立てていかにも信者の皆さまのため風に聞こえるようにしてますけど

文章の中身は他人様の資産の一部である寄付金にずーと拘る姿勢が鮮明にみてとれますの
本来の寄付とはする側のお気持ちが優先
なんだかんだと奇麗事を並べた表現も意味はなく、「する」か「しないか」の問題

<><><>
一般的に日本人とは本音建前と分けての言い方が主流ですけど、こんな回りくどい建前もまた珍しい、

●要は前もってご自分達の宗教にご自分達のほうから疑問を持つ方が多いのをご存知だからこそ、

●団体として本心からのまっとうな宗教ではないことを身をもって知ってますからね

●だからこそその信者のお心内を見越して、気が変る人がでてもおかしくはない設定ができるわけですの。
この団体のTop氏や幹部氏達が何のやましいことをしていない団体であれば?

●寄付にこれほどまでに飾り付けはしないもの
なにしろ愛を持って人々の癒しの空間がこの団体の内情であれば、寄付するお気持ちで居た方が急に不信感をもつわけもなく、、

でもこの団体では信者のお心変りの「予感」があるということは、、という図式につながるわけですけどね

でも献金や寄付はして欲しい
となれば? 気が変っても良いように1ヶ月のお試し期間的な発想をすれば
信者もここの宗教団体は自分達のこともちゃんと考えてくれていると思いこますために、、

<><><><><>
1ヶ月ってどこからそんな日数が?その期間中にいかにご自分達の宗教がすばらしいかと洗脳させるために期間でございましょ

つまり信者のお気持ちがそのころには寄付のことはもうどうでもいいわというお気持ちにさせるための日数でしょうに
その根拠は?

1日その宗教を見て、これはだめだと思ったら10日過ぎてもそうそう人間のお気持ちは変らないもの
信者が10日間貴宗教から一切関係を絶つ場合なら なお更、10日20日過ぎてもあそこの宗教はだめ、、
とそれで終わりですからね

最初の祈誓文をご用意するところからすでに貴団体の寄付体制は決まってて
いかにも信者のためと好印象を与えてはいますけど実は、、日にちをかけて
寄付は確実にさせるための日数までご用意されていたということ。

<><><><><><>
1ヶ月なんて書いたことですべてのもくろみが、、そして貴団体に洗脳された信者の皆さまが寄付を無事に終了して,,
貴団体のおもうつぼの寄付体制が、、となれば、、ここにも貴団体からの被害者が存在したことになりますね

★本当の寄付とは★
寄付する側の真っ白なお気持ちからですのよ
飾り立てた演出なども不要ということ
真っ白な状態に信者を起き信者だけのお心が決めるもの、周りのお膳立てをして
何が※本当の意味の浄財※ですの?日本語でいう下手な小細工ってこと

その下の文章でも被害者が、、
(><)




[61272]あくまで保身のため by.○○ 2007年08月26日(日) 22時33分 ■

>ワールドメイトのホームページより。
>1)寄付される方には必ず、「祈誓文」にご記入いただき、宣言をしていた
>だいています。これは、すべての寄付が、物品の販売等とは違う、対価代償
>を求めることがない、宗教的な真心から出た「寄進」であることを、毎回心
>新たに誓っていただくためです。
>2)また、一度納めていただいた寄付についても、「寄付御玉串取消期間」
> 1ヶ月間)を設けています。


この「祈誓文」及びクーリングオフ制度については、あくまでワールドメイトの「宗教的行為」を強調し、会員から訴えられたり、返還請求さたりしないように、団体の自衛の為に作成されたもので、決して会員さんの為に用意されているのではありません。

たとえ会員が玉串返還請求したとしても、効果は即効ではない、もう少し時間をかけて様子を見るようにと説得され、結局クーリングオフ期間一ヶ月が過ぎてしまうというのが落ちでしょう。

この件については、深見氏自身が過去に、「宗教的理念を前書きとし、強制はしないこと、不審の場合には2週間以内なら返還すること」を書面で残し、その資料を見た裁判長がどのように考えるかを考慮して、いつも証拠を残すように気をつけているという話をしています。(裁判資料テープ反訳)

終了[61212] 2007年08月26日(日) 16時46分




[63372]キセイ文のカラクリ by.○○ 2007年10月11日(木) 16時02分 ■

秘法や神事など様々なお金を出す時、必ずキセイ文を書かせられます。そもそもキセイ文の内容は会員自ら、考えたわけではなく、会員の意志を本部が募集し、あの文を書いているわけではありません。

どういう事かというと利益を得たい側が利益を確実にするために相手の意志確認や相手の判断力や思考力をあえて奪うために、あえて作成し、現実の効力や効果がなくても、私は何も文句はいいません。と宣言させる事で、深見氏の責任を回避するように仕掛けられています。

試しに、偉そうにふんぞりかえっているスタッフの前で『私はこのキセイ文には納得いかないのでここに署名しません。』と言ってみましょう。きっと怪訝そうに、しかもさも《書くのは当然だろう。》的な態度で無実の罪をきせる警察官のような態度で必死に書かせるように仕向けるでしょう。

キセイ文なんて書く義務も法律もないのです。安易に署名してはいけません。よーく考えると、一番法律に守られようと必死なのは深見氏本人です。 キセイ文がある本当の理由は、すべてが全く現実的に効果も何もなく、過去様々なトラブルをワールドメイト側が抱えた結果、それから逃れるための操作です。簡単にいうと全く効果がない証拠がキセイ文という事になりますね。




[73758] by.○○2008年05月23日(金) 22時14分 ■

いよいよ退会するのにふんぎりがついて、退会連絡の際に終わっていない箱根の申込み分の返金を申し出たら・・・
寄付だから返金できない、ときたもんだ。

こちらは寄付という認識もしていないし(祈誓文も書いてない)
箱根は終わってないのだから返金して欲しいと言うと、品物ではない、ときたもんだ。
じゃあ対価みたいな効能書かなきゃいいのに。

終わっていないから物実もないじゃないか、と言うと また寄付だからの連続。
物実もないのなら、返せない文書をよこせと言うと、返せないとは言っていない、だと。
なんだそりゃ。

ほんと、お金さえ取っちゃえば後はどうでもいい団体なんだねぇ。
終わっていない分まで返金できないなんて、詐欺みたいなもんじゃないか。

内容証明を何回か発送して、返金の期限を切ってみるけど返事はこないんだろうなぁ。
これを証拠に、今後は今まで収めてきた分を詐欺として弁護士さんに依頼しようと思います。

こんな団体に10年以上も在籍してきたかと思うと自分が情けない。それ以上に悔しいやら、腹が立つやら。




[74044]実例を作りましょう・・・。!w by○○ 2008年05月31日(土) 08時00分 ■

>>私北○が退会する3か月から半年くらいまえのことですが、ちょうどお玉串
>>返却制度が祈祷会や神事のパンフレットに掲載されだしたころだったと思います。
>>祈祷会の名前は忘れましたが、玉串5000円か10,000円払ったんですが、その
>>祈祷会が延期になりました。都合私は延期日までまてず、祈祷会参加取り止めて、
>>玉串返還を芦屋の関西エリア本部(当時)の立○(姉)スタッフに申し出たんですが、
>>「パンフレットいくら玉串返還期間などが掲載されたからと言っても、返還した実例が
>>ないので変換できない」と断られました。

>お玉串返却制度て、ウ○ だったんだ。

実例が有るとか、無いとかの問題じゃないでしょうに・・・。(笑  祈祷会が延期になったのは教団側のつごう・・・。
実例を作って然るべき(それを前提としたw)制度のハズでは・・・。?

お玉串返却制度(現・寄付御玉串取消期間)とは名ばかりで(泣笑)、 善良な団体に見せるためのポーズ? 
なのかもしれませんね・・・。   (T_T)

参考:[73931] 2008年05月27日(火) 23時39分




[90875] by.○○2008年09月23日(火) 21時04分 ■

以前は誠実に返してくれた時代もあったんですよね。 先生が出てこなかったセミナーの秘法(ごとくえ)等。 でも、それだと全く集金率があがらずプラスが出ないと悟り、「良心的」で世の常識に則ったワールドメイト」のシステムを抜本的に変えてしまったんです。あとで文句をつけれないよう誓約書なる証文みたいなのを書かせて、皆で読み上げ、提出させる。

払った側にすると法的に不利になる証文です。 勿論わたしも返してはもらえませんでした。出てきもしない地方神業と秘法(ごとくえ)や、中止(無期延期)になった秘法などの前入れ金もです。 受けていないのに螂蛛Iいつやるかもわからない(たぶんやらないでしょう)のに。

永遠にやらないとは限りませんから、みたいな訳の解らないことを窓口は言ってました。 元会員さんがあの証文を書かないのは正解でしたね。 返金希望者の対策マニュアルにたけているガチガチのスタッフとやりあっても、所詮一般人の私たちには埒があきません。

専門の弁護士さんにまかせるのが得策です。泣き寝入りしてる人があまりに多いと思います。




[90894]詐○商法と同じ by.○○ 2008年09月23日(火) 21時14分 ■

>1)寄付される方には必ず、「祈誓文」にご記入いただき、宣言をしていただいて
>います。これは、すべての寄付が、物品の販売等とは違う、対価代償 を求める
>ことがない、宗教的な真心から出た「寄進」であることを、毎回心新たに
>誓っていただくためです。
>2)また、一度納めていただいた寄付についても、「寄付御玉串取消期間」
>(1ヶ月間)を設けています。これは、万一寄付された後で、何らかの不信感を
>持ったり、気が変わったりされた方が、寄付を取り消せる制度です。
>無論、どのような神社仏閣においても、いったん神仏に寄付された浄財を、
>ご祈祷後に、「気が変わったから返してくれ」などということは、本来 有り得ない
>ことと考えるべきでしょう。しかし私たちは、本当に純粋で心の>こもった浄財だけを
>納めて頂くべく、この制度を取っているものです


たしか、神世界の教祖も、「詐欺ではありません。ちゃんと誓約書を書いてもらってます」みたいな発言をしていたと思います。

マイコンされているから「祈誓文」を書くわけで、マイコンが解けた時点でなければ、返金請求できるわけないでしょう。

「まともな神社仏閣」が、「あげまん、さげまん豆木」だの、脳みそ改造秘法、血統転換秘法、身長延ばし秘法、痩せる秘法、背骨治し秘法・・・」なんてやりますか。

マイコンされているから、会員は抵抗なくこんな秘法も受けるのです。

クーリングオフを謳っているから善良な団体だと勘違いしないでください。外部、特に裁判等を視野に入れて、善良な団体を装っているだけです。




[99912]目に見えないようなちっちゃな字 by.○○ 2008年09月30日(火) 23時16分 ■

>よく読むと、小さく下のほうに「アルゼンチン・南極開き」の遠隔、代理祈>願の人のみ、
>鹿島と関係なく申し込みできるという意味だと書かれていてびっくり。

税金対策について幹部連中が話し合っているときにも、教祖が「目に見えないような、ちっちゃな字」で書くという話をしています。(国税裁判教祖テープ反訳)

都合が悪い所は、小さな字にします。過去の神事の案内で、クーリングオフについての説明でも、ものすごく小さな字で書いていましたよ。今でも変わりないのでは?

参考:[99897] 2008年09月30日(火) 22時47分




[99923]本当に、よくわかってきました by.○○  2008年09月30日(火) 23時38分 ■

今日のことといい、この掲示板でワールドメイトへの、会員の傷ついてる生の声や批判を書かれるのをこんな汚い手段でもみ消してるワールドメイトのやりかたが…!!

先週誰か現会員が同じような事書いてたの見ましたが、自分の身におきるとやはり腹が立ちますね!!


>都合が悪い所は、小さな字にします。過去の神事の案内で、クーリングオフについての説明でも、
>ものすごく小さな字で書いていましたよ。今でも変わりないのでは?

文字自体が小さい訳ではないですが、一番最後の一番下にたったニ行、いかさま商品みたいなそんな結論が書かれていました。支部の人もメルマガ読んで困惑してましたよ、確かに。私みたいな問合せが多かったので弘道本部がこのおふれを(FAXで出したみたいです。支部の人も言いくるめられたみたいな言い逃れをしていたのが見ていて痛かったです。

それ以上に、この掲示板のスレ流しして荒らしてるスタッフの暴挙が絶対許せません。
どんなに会員達の気持ちを踏みにじる行為かわかっているのか!

参考:[99912] 2008年09月30日(火) 23時16分




[112877]トラブルの起きない「5つのポリシー」は嘘 by.○○ 2008年10月14日(火) 02時13分 ■

~コンプライアンス~より

また、一度納めていただいた寄付についても、「寄付御玉串取消期間」(1ヶ月間)を設けています。これは、万一寄付された後で、何らかの不信感を持ったり、気が変わったりされた方が、寄付を取り消せる制度です。
無論、どのような神社仏閣においても、いったん神仏に寄付された浄財を、ご祈祷後に、「気が変わったから返してくれ」などということは、本来有り得ないことと考えるべきでしょう。しかし私たちは、本当に純粋で心のこもった浄財だけを納めて頂くべく、この制度を取っているものです.


→  寄付が取り消しになったことは聞いたこともありません。いつも「他の神事の申し込みに振り替えができます」といって絶対に返金しません。また「一度もらった玉ぐしは返せません」と言ったスタッフもいました。

返金を迫っても支部長、エリアスタッフ、電話室と、たらい回しにされて面倒になり返金する気力を失います。




[130909]宗教の勧誘は明瞭で健全でないとね by.○○ 2008年11月16日(日) 14時22分 ■

>http://ime.nu/news.ohmynews.co.jp/news/20080327/22616
(続き)

経産省発表の資料によれば、1人あたりの祈願料金や商品代金の総額は146~934万円。勧誘の際、当初示された
易鑑定以外の高額な料金設定があることを消費者に明らかにせず、根拠もないのに祈祷に絶大な効果があるように 客に思い込ませていた。

 こうした「不実告知」に加え、密室状態で客を脅し困惑させて契約を結ばせたり、契約の解除を妨害していたことなどが、処分の主な理由だ。経産省が指摘した違反項目は、「不実告知」の3項目を含め計9項目にも及ぶ。

 記者は「高島易断総本部」に3度、電話でコメントを求めたが、「広報担当者が電話中」とくり返すばかりだった。

宗教勧誘の健全化に向けて一石を投じた 特商法は、1976年制定の「訪問販売法」が前身。2000年に現在の名称となり、同法で「特定役務」に指定された 商取引は、契約後の一定期間内であれば消費者が一方的に契約を解除できる「クーリングオフ制度」の対象になっている。

 全国霊感商法対策弁護士連絡会(以下、被害弁連)の山口広弁護士はオーマイニュースの取材に対し、こう語る。

 「昨年7月に、法改正(特商法の施行令改正)によって特定役務に『易断』が追加されました。スピリチュアル・ブー ムによる被害があまりにも多いことを考えれば、当然でしょう。今回の経産省の処分は高く評価しますが、(行政は宗教に対しても)もともとこうあるべきだったのではないでしょうか」
(続く)

参考:[130906] 2008年11月16日(日) 14時18分




[142993] by○○ 2008年12月06日(土) 11時32分 ■

霊感商法詐欺罪で裁判沙汰や警察沙汰になった時のことを考えて、祈誓文にサインをさせているワールドメイト。現会員さん達!早く目を覚まして下さい!パンフレットに書いてあるご利益やオカゲや証などあなたの身の上に起こりましたか?

むしろ逆証じゃありませんか?ワールドメイトに入会して精神的に経済的に幸せになりましたか?
ワールドメイトよりも自分を大事にして下さい!




[161580]今度は何をネタに 集金するのでしょうね by○○ 2009年02月12日(木) 03時41分 ■

他人の予言をあまりにも利用し過ぎると、変だと勘付かれ墓穴を掘るし、かといって、今のままだと、さらにじり貧状態のアリ地獄になるばかり。

昔のように、宇佐特上級編・源氏再興の伝 寄付玉串600万だか700万だか忘れたが、超高額目玉商品も簡単にはやれない事情もあるし、なかなかやりくりが大変ですね。

とにかく会員から訴訟を起こされないように、寄付玉串をする時は誓約書をいちいち書かせ、玉串返還受付というクーリングオフ制度までも導入している。ここらあたりは老獪というかずる賢いというか。

今までのところは、何とか会員から目立った訴訟も起こされず息を長らえているけど、長期間の神業がさらに恒常化してくると、ついに怒りを爆発させた会員の家族や身内から訴えを起こされるかも知れませんよ。




[163233]あの祈誓文ってのは裁判対策なんだろ? by.○○2009年02月18日(水) 12時33分 ■

万が一訴訟を起こされた場合に祈誓文を盾にするためなんだろ?




[163287] 私もそう思います by○○2009年02月18日(水) 13時50分 ■

>万が一訴訟を起こされた場合に祈誓文を盾にするためなんだろ?


乱訴の時期と、奇声文を集め始めた時期はリンクするんじゃないですか。

会場の使用時間ぎりぎりの祈祷会でのご奉仕は、物実の配布よりも寄生・・・祈誓文の収集に重点を置かされてましたね。

参考:[163233] 2009年02月18日(水) 12時33分



戻る.